電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 10:55
屋内環境における基地局共用時のスループット性能に関する一評価
村上 誉石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,5Gならではの性能を発揮するためのカギとなるマイクロセル基地局の早期展開とカバレッジの向上を目的に,事業者間におけるマイクロセル基地局の共用とそれに伴う周波数の共用モデルについて述べる.基地局の共用は,基地局の共同設置モデルとローミングに基づく他事業者へのリソースの貸し出しモデルの2方式について示し,また,その際に必要となる周波数の共用モデルを3種に整理する.
また,屋内環境においてマイクロセル基地局を共用することによるUE当たりのスループット向上について計算機シミュレーションを行い,非見通し環境にあるUEの通信特性を改善できる場合においては屋外環境よりもより高い有効性を示すことを示す. 
(英) Micro cell base station is one of the keys to perform an unique performance expected in 5G. Authors believe that sharing technology of micro cell base stations helps to realize a quick deployment of 5G and to provide more coverage areas. In this paper, two types of base station sharing model is described: cooperative deployment model and roaming-based resource share model. and categorizing spectrum sharing model into three types.
In addition, performance of micro cell base stations in in-door environments is also described based on the computer simulation. The sharing method works better in in-door environments because the technique gives better choices of attaching base station for UEs in non line-of-sight environments.
キーワード (和) 5G / 共用 / 事業者 / 周波数有効利用 / マイクロセル / / /  
(英) 5G / sharing / operator / efficient spectrum usage / micro cell / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 475, SR2018-122, pp. 9-16, 2019年3月.
資料番号 SR2018-122 
発行日 2019-02-27 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋内環境における基地局共用時のスループット性能に関する一評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An evaluation of throughput performance on base station sharing in in-door environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 共用 / sharing  
キーワード(3)(和/英) 事業者 / operator  
キーワード(4)(和/英) 周波数有効利用 / efficient spectrum usage  
キーワード(5)(和/英) マイクロセル / micro cell  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2018-122 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.475 
ページ範囲 pp.9-16 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会