電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 13:25
Barnes迷路を用いた行動評価をおこなうビデオ解析ソフトの作成
中村和浩石川達哉秋田県立脳血管研究センター
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 脳卒中モデル動物の空間認知機能や記憶といった高次脳機能を評価する手法としてBarnes迷路テストを利用することを考えた.Barnes迷路テストは市販の汎用行動評価用ソフトウェアで評価可能であるが,高価であるためより簡便な方法で実用上十分な評価ソフトウェアが作成できないか検討した.その結果,我々はオープンソースソフトウェアであるPythonとOpenCVを利用してビデオ解析ソフトを作成し,4匹の実験動物に適用した結果,市販ソフトウェアを利用した既報の結果と同様の解析結果が得られた.安価なビデオシステムとの組み合わせにより十分実用的な解析ソフトを作成することができたと考えられる. 
(英) We developed video analysis software for the Barnes maze test to evaluate the spatial cognition and its memory of the stroke animal model. Although the Barnes maze test can be evaluated with commercial software for behavior analysis, we evaluated our inexpensive video analysis software developed with open source software of Python and OpenCV. The software was applied to four animals, and analyzed results were similar to the results reported previously. Our software is enough for practical analysis combining with an inexpensive video system.
キーワード (和) 行動評価 / ビデオ解析 / / / / / /  
(英) Behavior test / Video Analysis Software / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-110, pp. 121-124, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-110 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Barnes迷路を用いた行動評価をおこなうビデオ解析ソフトの作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Video analysis software for behavioral assessment of Barnes maze test 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動評価 / Behavior test  
キーワード(2)(和/英) ビデオ解析 / Video Analysis Software  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 和浩 / Kazuhiro Nakamura / ナカムラ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立脳血管研究センター (略称: 秋田県立脳血管研究センター)
Research Institute for Brain and Blood Vessels Akita (略称: Akita Noken)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 達哉 / Tatsuya Ishikawa / イシカワ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立脳血管研究センター (略称: 秋田県立脳血管研究センター)
Research Institute for Brain and Blood Vessels Akita (略称: Akita Noken)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-110 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会