電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 16:30
建物振動の多点計測のための無線センサーシステム
佐方 連金 瑞旭東芝)・榎田竜太山下拓三梶原浩一防災科学技研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地震時に被害の少ない建物を実現するために、建物の振動を測定し分析する研究が盛んに行われている。そこで本稿では、電池駆動が可能な省電力無線マルチホップネットワークとMEMS加速度センサーを活用した振動測定システムを提案する。本システムでは、自律分散的な時分割通信を用いることで、円滑なデータの中継と省電力な通信を実現する。920MHz帯特定省電力無線を用いた建物の揺れを測定する振動センサーシステムを試作した。そして23台の無線センサーを、地上2階、地下3階の鉄筋コンクリート造の実建物に設置した。建物が揺れた際の振動をセンシングし、データ収集することに成功したのでこれを報告する。 
(英) Measurement and analysis of structural vibration in buildings have attracted attention as key techniques to realize resilient buildings against earthquakes. In this paper, vibration measurement system with low power multihop wireless communication and MEMS acceleration and rotation sensor is proposed for multi-point measurement of structural vibration in buildings. In this system, autonomous decentralized time-division communication over 920MHz Specified Low-Power Radio Station system is employed. Trial results of vibration measurements with 23 wireless sensor prototypes are reported.
キーワード (和) 無線マルチホップネットワーク / 省電力 / 建物振動 / 多点計測 / / / /  
(英) Wireless Multihop Network / Low Power / Structural Vibration / Multi-point Measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-300, pp. 101-106, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-300 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 建物振動の多点計測のための無線センサーシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Sensor System for Multi-point Measurement of Structural Vibration in Buildings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Wireless Multihop Network  
キーワード(2)(和/英) 省電力 / Low Power  
キーワード(3)(和/英) 建物振動 / Structural Vibration  
キーワード(4)(和/英) 多点計測 / Multi-point Measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐方 連 / Ren Sakata / サカタ レン
第1著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 瑞旭 / Suhwuk Kim / キム ソウク
第2著者 所属(和/英) 株式会社 東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎田 竜太 / Ryuta Enokida / エノキダ リュウタ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 (略称: 防災科学技研)
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (略称: NIED)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 拓三 / Takuzo Yamashita / ヤマシタ タクゾウ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 (略称: 防災科学技研)
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (略称: NIED)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶原 浩一 / Koichi Kajiwara / カジワラ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 (略称: 防災科学技研)
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience (略称: NIED)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-300 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会