電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 13:00
飲料摂取が自動車運転時の眠気に与える影響
村上誠人河中治樹小栗宏次愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 交通死亡事故の要因の一つである居眠り運転の低減に向けて様々な研究がされている.飲料の摂取は眠気 抑制に効果があるとされており,一般ドライバも眠気抑制として広く利用している.そこで本研究では,3種類の飲料 (レモン飲料,無糖缶コーヒー,水)による眠気抑制効果をドライビングシミュレータを用いて検証した.得られた 運転中の生体信号や車両操作情報などのデータを分析した結果,覚醒低下時におけるレモン飲料の摂取が無糖缶コー ヒー摂取と同等の効果が現れることを示し,居眠り運転対策としてのレモン飲料摂取の有効性を示唆した. 
(英) Various researches have been made towards reduction of dozing driving which is one factor of traffic death accident. Intake of beverages is said to be effective in suppressing drowsiness, and general drivers are also widely used as drowsiness control. Therefore, in this study, the effect of suppressing drowsiness by three types of beverages (lemon beverage, sugarless coffee, water) was verified using a driving simulator. Analysis of the data such as the obtained biological signals during driving and vehicle operation information showed that ingestion of lemon drink in decrease in arousal level shows the same effect as sugarless coffee consumption and lemon as a dozing driving countermeasure Suggesting the effectiveness of drinking intake.
キーワード (和) 飲料摂取 / レモン飲料 / 覚醒効果 / / / / /  
(英) beverage consumption / lemon beverage / arousal effect / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-109, pp. 115-120, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-109 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 飲料摂取が自動車運転時の眠気に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Effect on Drowsiness in Driving by Beverages Consumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 飲料摂取 / beverage consumption  
キーワード(2)(和/英) レモン飲料 / lemon beverage  
キーワード(3)(和/英) 覚醒効果 / arousal effect  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誠人 / Makoto Murakami / ムラカミ マコト
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河中 治樹 / Haruki Kawanaka / カワナカ ハルキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小栗 宏次 / Koji Oguri / オグリ コウジ
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-109 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会