電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 15:00
IEEE 802.15.10準拠L2Rプロトコルを用いた無線メッシュネットワークにおけるルーティングメトリック計算法
鮫島 渓奥村亮太水谷圭一原田博司京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多数のセンサやメータ端末を収容するために,Wireless smart utility network (Wi-SUN) を用いた大規模ネットワークの構築が各分野で推進されている.これらの要求に応える省電力かつ階層的メッシュ接続可能なネットワークを構築するためのデータリンク層(Layer 2)ルーティング(L2R)として,国際標準規格IEEE 802.15.10が策定されている.このIEEE 802.15.10では,ネットワークを構築する際に用いるルーティングメトリックの計算手法が複数種定められており,それぞれの特性を考慮した上でネットワークを構築する環境に応じた適切なメトリック計算法の選択が必要となるが,その特性に関する比較評価はされていない.そこで本稿では,計算機シミュレーションによりそれぞれの計算手法を用いた場合におけるEnd-to-End (E2E) 成功率の比較評価を行い,パラメータを適切に設定することによりReceived signal weakness(RSW)が他の手法と比べて優れたE2E成功率を示すことを明らかにする. 
(英) The wireless smart utility network (Wi-SUN) connecting many sensors or meters have been introduced in various fields. To operate many terminals in a large network, a hierarchical mesh networking protocol in layer 2 routing (L2R) was standardized in IEEE 802.15.10 that defines a variety of routing metric calculation schemes for constructing a network. Since it is necessary to consider the characteristics of the calculation schemes and select an appropriate scheme according to the situation where the network is constructed, comparative evaluation of the characteristics is required. In this report, we compare the end-to-end (E2E) successful ratio when each calculation scheme is applied by computer simulations, and show that the received signal weakness (RSW) outperforms other schemes in terms of E2E successful ratio.
キーワード (和) Wi-SUN / IEEE 802.15.10 / IEEE 802.15.4 / メッシュネットワーク / ルーティング / / /  
(英) Wi-SUN / IEEE 802.15.10 / IEEE 802.15.4 / Mesh network / Routing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 476, SRW2018-58, pp. 19-24, 2019年3月.
資料番号 SRW2018-58 
発行日 2019-02-27 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.15.10準拠L2Rプロトコルを用いた無線メッシュネットワークにおけるルーティングメトリック計算法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Routing Metric Calculation Schemes for Wireless Mesh Network Based on IEEE 802.15.10 L2R Protocol 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wi-SUN / Wi-SUN  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.15.10 / IEEE 802.15.10  
キーワード(3)(和/英) IEEE 802.15.4 / IEEE 802.15.4  
キーワード(4)(和/英) メッシュネットワーク / Mesh network  
キーワード(5)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鮫島 渓 / Kai Samejima / サメジマ カイ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 亮太 / Ryota Okumura / オクムラ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2018-58 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.476 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会