電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 14:00
囲碁プログラムにおけるRAVEを用いたLGRFの評価
清水達哉葉山雄太中村あすか前川仁孝千葉工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,囲碁プログラムの棋力を向上するために,モンテカルロ木探索を改良することを目標とする.モンテカルロ木探索を用いた囲碁プログラムは,プレイアウトと呼ばれる操作を繰り返し行うことで着手を評価する.プレイアウトのランダムシミュレーションの精度を向上する手法の一つとしてLGRFが知られている.LGRFは前回までのプレイアウト中の応手を現在のプレイアウトに用いるため,ランダムシミュレーションから得られた応手が良い手とは限らない.この問題を解決するには,有望な応手を保存することが考えられる.提案手法ではRAVEを用いて,探索木中の評価の高いノードを応手として保存するLGRFを提案する.計測の結果,提案手法を実装したFuegoは,従来のLGRFを実装したFuegoに対して約55%の勝率が得られることを確認した. 
(英) This paper proposes an improving method of Monte Carlo tree search to improve the winning rate of the Go program. The program using MCT evaluates the move by repeating random simulations called playout. LGRF is known as one of the techniques for improving the precision of random simulation of playout. LGRF stores response in the table and uses the response in playout. Thus, the Go program becomes strong by storing good responses in the table of LGRF. On the other hand, LGRF may store no good responses in the table of LGRF because it stores the responses in the table from already finished playouts. Therefore, the proposed method stores the responses picked up on the search tree of UCT using RAVE. Performance evaluation shows the proposed method has about 55% winning percentage against Fuego which implemented LGRF.
キーワード (和) 囲碁プログラム / UCT / RAVE / LGRF / / / /  
(英) Go program / UCT / RAVE / LGRF / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 472, IBISML2018-116, pp. 81-85, 2019年3月.
資料番号 IBISML2018-116 
発行日 2019-02-26 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2019-03-05 - 2019-03-06 
開催地(和) 理研AIP 
開催地(英) RIKEN AIP 
テーマ(和) 機械学習一般 
テーマ(英) Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2019-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 囲碁プログラムにおけるRAVEを用いたLGRFの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of LGRF using RAVE in Go program 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 囲碁プログラム / Go program  
キーワード(2)(和/英) UCT / UCT  
キーワード(3)(和/英) RAVE / RAVE  
キーワード(4)(和/英) LGRF / LGRF  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 達哉 / Tatsuya Shimizu / シミズ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 葉山 雄太 / Yuta Hayama / ハヤマ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 あすか / Asuka Nakamura / ナカムラ アスカ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 仁孝 / Yoshitaka Maekawa / マエカワ ヨシタカ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2018-116 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.81-85 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IBISML-2019-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会