電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 11:10
めっきと電気分解を応用した金属微小電極による高精細マーキング手法
原 利充豊橋技科大)・澤畑博人産総研)・沼野理佳河野剛士鯉田孝和豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電気生理実験では生体に刺入した微小電極の位置を解剖学的に特定する必要があり,そのための様々なマーキング手法が開発されてきた.しかし既存の手法には分解能や組織損傷に問題がある.本研究では,先端に貴金属めっきした金属電極に電流を流すことで選択的に中間層の金属が溶け,先端が生体内に残るマーキング手法を提案する.金めっきしたタングステン電極をマウス脳に挿入しスパイク応答を記録した後,20μAの2相性パルスを流すことで約30μm直径のマーキング点が確認できた.これは既存の手法よりも数倍以上解像度が高い. 
(英) In the electrophysiological experiment in vivo, it is necessary to specify the insertion position of the microelectrode, however existing methods have limitation in its spatial resolution and tissue damage. Here we propose a novel marking method using noble metal plated metal microelectrodes, and the plated tip drops in the living organ after electric current is applied. Gold-plated tungsten electrodes were inserted into the mouse brain and a spiking neuronal response was recorded, and then a marking point of about 30 μm could be observed by applying biphasic pulse of 20 μA. This resolution is several times higher than existing methods.
キーワード (和) マーキング手法 / 金めっき / 白金黒 / タングステン電極 / / / /  
(英) Marking method / gold-plated / Platinum-black / tungsten electrode / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-108, pp. 111-114, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-108 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) めっきと電気分解を応用した金属微小電極による高精細マーキング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Precise marking method by using gold-plated metal microelectrode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マーキング手法 / Marking method  
キーワード(2)(和/英) 金めっき / gold-plated  
キーワード(3)(和/英) 白金黒 / Platinum-black  
キーワード(4)(和/英) タングステン電極 / tungsten electrode  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 利充 / Toshimitsu Hara / ハラ トシミツ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤畑 博人 / Hirohito Sawahata / サワハタ ヒロヒト
第2著者 所属(和/英) 産業総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼野 理佳 / Rika Numano / ヌマノ リカ
第3著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 剛士 / Takeshi Kawano / カワノ タケシ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯉田 孝和 / Kowa Koida / コイダ コウワ
第5著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-108 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.111-114 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会