電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 09:30
仙骨上皮膚電気刺激による歩行速度と筋電図の変化
細井一輝二見亮弘福島大)・三橋幸聖昭和大)・半田康延東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 仙骨上皮膚電気刺激(SES)により歩行速度が上昇することが報告されている.その要因としては,主観的押され感が生じることによる結果であることが仮説の一つとして挙げられる.そこで本研究ではSESの影響で速くなった歩行中の下肢筋電図とSESなしで意識的に同じ速さで歩行した際の筋電図を比較することで,仮説の検証を行った.また,脚部のどの筋がSESの影響を大きく受けているかを検証した.その結果,SESによる歩行速度の上昇は意識的な作用とは限らないこと,SESが下腿部に比べて大腿部に大きく影響を及ぼすことがわかった. 
(英) It is reported that human walking speed is increased by Sacral Electrical Stimulation (SES). In one of the hypotheses it is attributed to the subjective pushed feel from the back. In this research, we verified those hypotheses by comparing lower limbs EMG during walking that became faster due to SES, to the EMG during walking with the same speed without SES. Also, we confirmed EMG of leg muscles that were greatly affected by SES. As a result, we found that the change in walking speed by SES is not necessarily attributed to conscious action. Also, we found that SES greatly affects the thigh muscles compared to the shank muscles.
キーワード (和) 仙骨上皮膚電気刺激 / 筋電図 / 歩行速度 / / / / /  
(英) Sacral Electrical Stimulation / EMG / Walking Speed / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-104, pp. 93-96, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-104 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仙骨上皮膚電気刺激による歩行速度と筋電図の変化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Change in Walking Speed and Electromyogram Induced by Sacral Electrical Stimulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仙骨上皮膚電気刺激 / Sacral Electrical Stimulation  
キーワード(2)(和/英) 筋電図 / EMG  
キーワード(3)(和/英) 歩行速度 / Walking Speed  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細井 一輝 / Kazuki Hosoi / ホソイ カヅキ
第1著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二見 亮弘 / Ryoko Futami / フタミ リョウコウ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三橋 幸聖 / Kosei Mitsuhashi / ミツハシ コウセイ
第3著者 所属(和/英) 昭和大学 (略称: 昭和大)
Showa University (略称: Showa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 康延 / Yasunobu Handa / ハンダ ヤスノブ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-104 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会