電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 13:30
領域分割学習を用いたブースティング判別器の高速化と顔検出器への応用
森 健竹内純一川喜田雅則九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではブースティング判別器の高速評価法を提案する.
ブースティングに用いられる判別関数は弱判別器と呼ばれる低精度な判別器が多数線形結合されることで構成されている.
高精度な判別を行うにはしばしば多数の弱判別器が必要になり,判別関数の計算量が増加することが実応用上問題になることがある.
本論文ではブースティング判別関数の精度を落とすことなく高速に評価する方法について検討する.
既にこの様な高速評価法として内海らや泉らにより提案されている方法がある.
本研究では特徴空間を分割し,分割された領域ごとに彼らの手法を最適にチューニングし適用することで,より高速化できる手法を提案する.
また特徴空間の領域分割方法は入力データに基づいて学習する.
提案法の性能評価を行うため,ブースティングを用いた顔検出器に提案法を適用し,どの程度高速化されるかを検証した. 
(英) We propose a method of acceleration of boosting discriminators.
Discriminant functions used for boosting are constructed by linearly combining many low accuracy classifiers called weak classifiers.
Often, a large number of weak classifiers are required to perform high accuracy classification, so that it may be a practical problem that the computational complexity of the discriminant function increases.
In this paper, we consider a method to evaluate the discriminant function quickly without reducing the accuracy of the boosting discriminant function.
There is already a method proposed by Utsumi et al. and Izumi et al. as a high-speed evaluation method.
In this research, we propose a method which improves their method by dividing the feature space and optimally tuning and applying their method for each divided region.
Here, the partition of the feater space is determined by the given data.
We applied the proposed method to boosting based face detectors to evaluate its computation time.
キーワード (和) ブースティング / 顔検出 / 高速化 / / / / /  
(英) boosting / face detection / acceleration technique / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 472, IBISML2018-115, pp. 73-80, 2019年3月.
資料番号 IBISML2018-115 
発行日 2019-02-26 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2019-03-05 - 2019-03-06 
開催地(和) 理研AIP 
開催地(英) RIKEN AIP 
テーマ(和) 機械学習一般 
テーマ(英) Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2019-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 領域分割学習を用いたブースティング判別器の高速化と顔検出器への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Boosting Discriminators Using Region Partition Learning and Its Application to Face Detectors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブースティング / boosting  
キーワード(2)(和/英) 顔検出 / face detection  
キーワード(3)(和/英) 高速化 / acceleration technique  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 健 / Takeshi Mori / モリ タケシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Junichi Takeuchi / タケウチ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 雅則 / Masanori Kawakita / カワキタ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2018-115 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.73-80 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2019-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会