電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 09:50
第6世代移動通信に向けた新変調方式の研究(その2) ~ MARIA(MIHO Applied Resource-block Interleaving Access) 方式を用いた新たな通信方式の展開 ~
原 佳祐八巻 蒼瀧川マリア小林 裕横須賀高校)・太田現一郎横須賀テレコムリサーチパーク
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らが昨年に発表したMARIA方式(MIMO Applied Resource-block Interleaving Access)を応用した新たな変調方式/通信方式を提案する。 既存のMIMO方式の伝搬路間の相互相関性が高いことの課題を抜本的に対策するほか、MIMO方式において使われていないパスを用いてM×M MIMOにおける利得をMからM^2に向上させる。本研究は、文部科学省スーパーサイエンスハイスクール認定授業に基づいて行われたものである. 
(英) We propose a new modulation method / communication method applying the MARIA method (MIMO Applied Resource-block Interleaving Access) announced last year by the authors. In addition to drastic measures against the problem of high cross-correlation between propagation paths of existing MIMO schemes, the gain in M × M MIMO is improved from M to M ^ 2 using paths not used in MIMO scheme. This research was conducted based on the super science high school certification lesson of the ministry, MEXT.
キーワード (和) 変復調方式 / MIMO / OFDM / 擬似伝搬路特性 / 周波数利用率向上 / 第6世代移動通信 / /  
(英) Modulation / demodulation scheme / MIMO / OFDM / pseudo propagation path characteristics / spectral efficiency / 6 th generation mobile communication / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 474, RCS2018-290, pp. 49-54, 2019年3月.
資料番号 RCS2018-290 
発行日 2019-02-27 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2019-03-06 - 2019-03-08 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 第6世代移動通信に向けた新変調方式の研究(その2) 
サブタイトル(和) MARIA(MIHO Applied Resource-block Interleaving Access) 方式を用いた新たな通信方式の展開 
タイトル(英) A Study on new modulation/demodulation method for 6G Mobile (Part-II) 
サブタイトル(英) Development of new communication method using MARIA (MIMO Applied Resource-block Interleaving Access) method 
キーワード(1)(和/英) 変復調方式 / Modulation / demodulation scheme  
キーワード(2)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) 擬似伝搬路特性 / pseudo propagation path characteristics  
キーワード(5)(和/英) 周波数利用率向上 / spectral efficiency  
キーワード(6)(和/英) 第6世代移動通信 / 6 th generation mobile communication  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 佳祐 / Keisuke Hara / ハラ ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 神奈川県立横須賀高等学校 (略称: 横須賀高校)
Yokosuka prefectural highschool (略称: Yokosuka highschool)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八巻 蒼 / Aoi Yamaki / ヤマキ アオイ
第2著者 所属(和/英) 神奈川県立横須賀高等学校 (略称: 横須賀高校)
Yokosuka prefectural highschool (略称: Yokosuka highschool)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧川 マリア / Maria Takigawa / タキガワ マリア
第3著者 所属(和/英) 神奈川県立横須賀高等学校 (略称: 横須賀高校)
Yokosuka prefectural highschool (略称: Yokosuka highschool)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 裕 / Yutaka Kobayashi / コバヤシ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 神奈川県立横須賀高等学校 (略称: 横須賀高校)
Yokosuka prefectural highschool (略称: Yokosuka highschool)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 現一郎 / Gen-ichiro Ohta / オオタ ゲンイチロウ
第5著者 所属(和/英) 横須賀テレコムリサーチパーク (略称: 横須賀テレコムリサーチパーク)
Yokosuka Telecom Research Park (略称: YRP inc.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2018-290 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会