電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-06 15:50
辞書学習を用いたPET画像再構成
奥村直裕庄野 逸電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在,陽電子放射撮影 (Positron Emission Tomography:PET)スキャンが癌の発見などの病理診断で注目されいている.PETスキャンでは鮮明な画像を得ようとすれば,S/N 比をあげる必要があり,これは観測時の被曝量増加につながる.このため被曝量を抑えつつ,画像のS/N比をあげることが望まれている.本研究ではこの問題に対して,スパース表現に基づいた辞書学習によるアプローチを試みた.PETにおいて,観測データはサイノグラムと呼ばれる表現で表される為,ここではサイノグラム表現に対する辞書を構築し,ノイズ除去を行った再構成画像と,既存手法で得られる画像の比較を行った. 
(英) Nowadays, Positron Emission Tomography (PET) scan is focused in the field of pathological diagnosis.In order to obtain a clear image in the PET scan, it is necessary to increase the S/N ratio, which leads to an increase in exposure dose at the time of observation.For this reason, it is desired to increase the S/N ratio of the image while suppressing the exposure dose.In this research, we applied a dictionary learning approach based on sparse representation against this problem.The observation signal in PET scans is represented in sinogram. We applied a dictionary learning for the sinogram representations, and tried to reduce observation noise by use of the dictionary.
キーワード (和) PET画像再構成 / スパースコーディング / / / / / /  
(英) PET image reconstruction / Sparse coding / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 470, NC2018-85, pp. 221-226, 2019年3月.
資料番号 NC2018-85 
発行日 2019-02-25 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 辞書学習を用いたPET画像再構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PET Image Reconstruction by use of Dictionary Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PET画像再構成 / PET image reconstruction  
キーワード(2)(和/英) スパースコーディング / Sparse coding  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 直裕 / Naohiro OKumura / オクムラ ナオヒロ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄野 逸 / Hayaru Shouno / ショウノ ハヤル
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-06 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-85 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.221-226 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会