電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 13:30
リンク切断を考慮したHANETsにおける許容遅延制約下のGW最適配置
宮 太地東工大)・大島浩太東京海洋大)・北口善明山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,アドホックネットワークは,IoT分野のみならず,自動車走行支援のITSや次世代電力網スマートグリッドに代表されるCPSなど, これからの社会基盤を担うであろう注目株な各技術において,積極的な活用が模索されている. このようなアプリケーションの多様化を背景に,異種アドホックネットワーク間相互接続の需要は拡大が見込まれる. また昨今,通信主体が人からモノへ変わったことで,ネットワークインフラには一層厳しい遅延保証が要求される傾向にあり, アドホックネットワークにおいても,通信遅延低減は主要な課題となりうる. 本研究では,プロトコルトランスレータ (GW) による異種アドホックネットワーク間の直接相互接続を想定し, ネットワーク中のフローに許容遅延制約が存在するとしたときの,GW配置最適化による許容遅延満足率最大化について提案する. 提案手法の性能をシミュレーションで評価し,さらにリンク切断予測の性能向上効果についても考察した. 
(英) In recent years, applications such as Intelligent Transportation System, Cyber-physical System, Wireless Sensor Networks, are deployed especially in urban areas, where the broadband mobile communication system is well developed, so the variety of applications running on ad-hoc networks tends to increase in future. Therefore, the demand of the interconnection of HANETs (heterogeneous ad-hoc networks) becomes growing. Moreover, because the communication entity is changing from humans to things, the communication delay that the network infrastructure should guarantee has been becoming stricter. In this paper, assuming a situation in which HANETs are directly interconnected by some protocol translators (called gateways, or GWs), we propose an optimum GW placement algorithm to maximize the allowable delay satisfaction rate under the assumption that each flow in the networks has an individual constraint of allowable delay. We evaluate our proposed method using a computer simulation. We also consider the impact of link disruption prediction for the performance improvement.
キーワード (和) アドホックネットワーク / 相互運用性 / 処理遅延 / 伝送遅延 / 許容遅延 / GW配置最適化 / /  
(英) ad-hoc network / interoperability / processing delay / transmission delay / allowable delay / GW placement optimization / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 466, IN2018-139, pp. 331-336, 2019年3月.
資料番号 IN2018-139 
発行日 2019-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リンク切断を考慮したHANETsにおける許容遅延制約下のGW最適配置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gateway Placement Optimization under Allowable Delay Constraint in HANETs: Considering Link Disruption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / ad-hoc network  
キーワード(2)(和/英) 相互運用性 / interoperability  
キーワード(3)(和/英) 処理遅延 / processing delay  
キーワード(4)(和/英) 伝送遅延 / transmission delay  
キーワード(5)(和/英) 許容遅延 / allowable delay  
キーワード(6)(和/英) GW配置最適化 / GW placement optimization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮 太地 / Taichi Miya / ミヤ タイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 浩太 / Kohta Ohshima / オオシマ コウタ
第2著者 所属(和/英) 東京海洋大学 (略称: 東京海洋大)
Tokyo University of Marine Science and Technology (略称: TUMSAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北口 善明 / Yoshiaki Kitaguchi / キタグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-139 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.331-336 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会