電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 15:20
動画配信サービスにおける人の認知機能モデルに基づくQoE向上のためのレート制御手法の提案と評価
岩本真尚大歳達也小南大智村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動画配信サービスの品質を評価する際にユーザの体感品質であるQoE (Quality of Experience)が重要な指標として注目されている。動画品質に対する好みはユーザごとに異なることから、ユーザ個々人のQoEを向上させるためにはユーザごとの好みを考慮した動画ビットレート制御が不可欠である。また提供するビットレートを決定するためにはユーザ端末や通信環境の情報認知が必須である。そこで本研究ではユーザ端末が行う情報の認知に脳の仕組みを応用し、認知結果に対してユーザの好みに応じたビットレート選択方法を対応付けることで、個々人のQoEを向上させるビットレート制御手法を提案する。ここでは高画質を好むユーザと、画質の安定を好むユーザの 2 タイプのユーザを考慮した。シミュレーション評価において高画質を好むユーザに対して既存手法と比較して平均ビットレートを最大で 16% 改善し、画質の安定を好むユーザに対してビットレートの変動を既存手法と比較して 52% - 121% 改善した。シミュレーション評価を通して、本手法がユーザに応じた適切なビットレート制御が可能であることを示した。 
(英) Recently, over-the-top video service providers focus on the quality of experience (QoE) as an important factor whenthey provide video content. Considering that the user preference for video quality differs user by user, it is indispensable tocontrol a video bitrate according to the preference of each user in order to improve the QoE of each user. Then it is indispensableto recognize the information of the user's device and the network quality in order to control a bitrate appropriately accordingto the user. Therefore, in this research, in order to maximize the QoE of individual users even in the environment where thenetwork quality "uctuates, we propose a method to properly recognize observation information and select a bitrate suitable foruser preference. Here, we assume that a user preference information for video quality is given and consider two preferencetypes of users: "prefer high image quality" and "prefer stable image quality." Simulation evaluation shows that the averagebitrate is improved by up to 16% compared with the existing method for "prefer high image quality," and the bitrate variationis reduced by 52% - 121% for "prefer stable image quality." Through the simulation we showed that our method can anappropriate bitrate control according to the user preference.
キーワード (和) ストリーミング / 適応的ビットレート制御 / QoE / 脳の認知 / 意思決定 / / /  
(英) video streaming / adaptive streaming / human brain / decision making / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 466, IN2018-143, pp. 355-360, 2019年3月.
資料番号 IN2018-143 
発行日 2019-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 動画配信サービスにおける人の認知機能モデルに基づくQoE向上のためのレート制御手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A rate control method for QoE improvement in video streaming services based on a human cognitive model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ストリーミング / video streaming  
キーワード(2)(和/英) 適応的ビットレート制御 / adaptive streaming  
キーワード(3)(和/英) QoE / human brain  
キーワード(4)(和/英) 脳の認知 / decision making  
キーワード(5)(和/英) 意思決定 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 真尚 / Masayoshi Iwamoto / イワモト マサヨシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大歳 達也 / Tatsuya Otoshi / オオトシ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 大智 / Daichi Kominami / コミナミ ダイチ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-143 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.355-360 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会