電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 14:50
LoRaフラッディング技術を活用した路車間通信システムの開発と検証
佐藤剛至NICT)・柴田義孝岩手県立大)・内田法彦福岡工大NS2018-282
抄録 (和) LoRa自営網はその特徴により様々な場面で様々な用途で使用され始めているが,LoRa規格及び電波法上にはキャリアセンス時間や送信可能時間,送信後待機時間の取り決めしかなく,無線区間での衝突時に失われたデータの再送に関する挙動や,誤り訂正機能などに関してはすべて使用者側で独自に対応等をする必要がある.また,比較的新しい無線通信方式であるため統一されたガイドラインや通例的に蓄積されてきた暗黙の了解等もなく,ほぼ無秩序な状態であるといえる.本稿では,NICTの開発したLoRaフラッディング技術を活用して路車間通信を行うシステムを開発し,基本的な性能を検証する. 
(英) Although the LoRa private network has started to be used in various applications due to its characteristics, there are only arrangements for carrier sense time, transmittable time, and post-transmission standby time on the LoRa standard and Radio Law, It is necessary for the user side to independently deal with behaviors related to retransmission of data lost at the time of collision and error correction function. In addition, since it is a relatively new wireless communication method, it can be said that it is almost in a disorderly state without unified guidelines and tacit agreements that have been accumulated in the usual way. In this paper, we develop a system for roadside communication using LoRa flooding technology developed by NICT and verify the basic performance.
キーワード (和) LoRa / 路車間通信 / / / / / /  
(英) LoRa / V2I Communication / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-282, pp. 511-514, 2019年3月.
資料番号 NS2018-282 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-282

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LoRaフラッディング技術を活用した路車間通信システムの開発と検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development and verification of V2I communication system utilizing LoRa flooding technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LoRa / LoRa  
キーワード(2)(和/英) 路車間通信 / V2I Communication  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 剛至 / Goshi Sato / サトウ ゴウシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 義孝 / Yoshitaka Shibata / シバタ ヨシタカ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
iwate prefectural university (略称: IPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 法彦 / Noriki Uchida / ウチダ ノリキ
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-282 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.511-514 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会