電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 10:30
情報指向型ネットワークにおける自律的コンテンツ配信方式
山口歩夢木村圭吾望月寛大水野 修工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 効率的にコンテンツ配信を実現する新しいアーキテクチャとして情報指向型ネットワークICN(Information-Centric Networking)が注目されている.ICNではルータがキャッシュ機能を持ち、キャッシュの活用により,トラフィック量の削減が可能である.しかし,新規コンテンツに対する要求が発生した場合は,サーバからコンテンツの取得が行われる.そのため,データトラフィック量が増加し,輻輳の発生とサーバ,サーバ近傍ルータの負荷増加という問題がある.本研究ではこのような状況でデータのトラフィック量の削減を目的にサーバによる自律的コンテンツ配信方式を提案する.有効性の確認のため,シミュレーションを行い,データトラフィック量の削減が可能であることを確認した. 
(英) Information-centric networking ICN has attracted attention as a new architecture that realizes content distribution efficiently.In ICN, the router has a cache function, and the traffic volume can be reduced by utilizing the cache. However, when the demand for new content rapidly increases, contents are acquired from the server. Therefore, the amount of data traffic increases, there are problems of occurrence of congestion and increase of load on the server and servers near the router. In this research, we propose autonomous contents forwarding method by server for the purpose of reducing data traffic volume under such circumstances. We confirmed that it is possible to reduce the amount of data traffic by conducting simulation to confirm the effectiveness.
キーワード (和) Information-Centric Networking / 自律配信 / トラフィック / エッジ / / / /  
(英) Information-Centric Networking / Autonomous Forwarding / Traffic / Edge / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 466, IN2018-116, pp. 193-198, 2019年3月.
資料番号 IN2018-116 
発行日 2019-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報指向型ネットワークにおける自律的コンテンツ配信方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Autonomous Contents Forwarding Method for Information-Centric Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Information-Centric Networking / Information-Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) 自律配信 / Autonomous Forwarding  
キーワード(3)(和/英) トラフィック / Traffic  
キーワード(4)(和/英) エッジ / Edge  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 歩夢 / Ayumu Yamaguchi / ヤマグチ アユム
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 圭吾 / Keigo Kimura / キムラ ケイゴ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Univercity (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 寛大 / Kandai Motizuki / モチヅキ カンダイ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Univercity (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Mizuno Osamu / ミズノ オサム
第4著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Univercity (略称: Kogakuin Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-116 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.193-198 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会