電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 10:30
IoTのための柔軟な分散型属性ベース・アクセス制御の実現 ~ Ethereumブロックチェーンベースのフレームワーク ~
豊 美玲張 元玉笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-251
抄録 (和) 本稿では,IoT (Internet of Things)ネットワークにおいて,データやデバイスなどのIoTリソースへの不正アクセスを防止するための柔軟な分散型属性ベース・アクセス制御方式を提案する.具体的にはEthereumブロック・チェーンのスマートコントラクト機能を適用し,ポリシー・マネージメント・コントラクト,サブジェクト属性マネージメント・コントラクト,オブジェクト属性マネージメント・コントラクト,およびアクセス制御コントラクト,の4種類のコントラクトで属性ベースのアクセス制御を実現する.ポリシー,サブジェクト,オブジェクトに対するマネージメント・コントラクトは,それぞれ,アクセス制御ポリシー(誰がどのような条件下で何にアクセスできるかを記したステートメント),サブジェクトの属性(リソースにアクセスするエンティティ),およびオブジェクトの属性(アクセスされるリソース)を格納および管理する機能を持つ.また,アクセス制御コントラクトは,サブジェクトからアクセス要求を受信すると,対応するポリシー,サブジェクト属性,およびオブジェクト属性を対応するマネージメント・コントラクトから取得し,属性ベースのアクセス制御を実行する.提案されたフレームワークの実現可能性を示すため,プライベートなEthereumブロック・チェーンシステムをローカルに構築し,そのブロック・チェーンに4つのスマートコントラクトを実装する. 
(英) This paper investigates the critical access control issue of the Internet of Things (IoT) to prevent unauthorized access to IoT resources, e.g., data and devices. More specifically, this paper considers the smart contract functionality of the emerging Ethereum blockchain to propose a novel Attribute-Based Access Control (ABAC) framework for distributed and fine-grained IoT access control. The framework consists of one Policy Management Contract (PMC), one Subject Attribute Management Contract (SAMC), one Object Attribute Management Contract (OAMC) and one Access Control Contract (ACC). The PMC, SAMC and OAMC are responsible for storing and managing access control policies (i.e., statements claiming who can access what under what conditions), attributes of subjects (i.e., entities accessing resources) and attributes of objects (i.e., resources being accessed), respectively. The ACC retrieves the corresponding policy, subject attributes and object attributes from the PMC, SAMC and OAMC respectively to perform the ABAC, when receiving access requests from a subject. To show the feasibility of the proposed framework, we construct a local private Ethereum blockchain system and implement the four smart contracts on the blockchain.
キーワード (和) Ethereumブロックチェーン / Internet of Things (IoT) / 属性ベース・アクセス制御 / / / / /  
(英) Ethereum Blockchain / Internet of Things (IoT) / Attribute-Based Access Control (ABAC) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-251, pp. 343-348, 2019年3月.
資料番号 NS2018-251 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-251

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTのための柔軟な分散型属性ベース・アクセス制御の実現 
サブタイトル(和) Ethereumブロックチェーンベースのフレームワーク 
タイトル(英) Distributed and Fine-Grained Attribute-Based Access Control for the Internet of Things 
サブタイトル(英) An Ethereum Blockchain-Based Framework 
キーワード(1)(和/英) Ethereumブロックチェーン / Ethereum Blockchain  
キーワード(2)(和/英) Internet of Things (IoT) / Internet of Things (IoT)  
キーワード(3)(和/英) 属性ベース・アクセス制御 / Attribute-Based Access Control (ABAC)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊 美玲 / Mirei Yutaka / ユタカ ミレイ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 元玉 / Yuanyu Zhang / チョウ エンユ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正治 / Shoji Kasahara / カサハラ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-251 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.343-348 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会