電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 09:25
コードクローンに対する集約結果に基づいた削減可能なソースコード行数の測定手法
中川 将肥後芳樹楠本真二阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コードクローンとは,ソースコード中に存在する互いに一致または類似しているコード片のことである.コードクローンを一つのメソッドやクラスに集約することにより,ソースコード行数の削減が可能である.削減可能なソースコード行数を推定する手法として,コードクローンの情報を解析する手法が既存研究では提案されている.しかし,コードクローンの中には集約するとコンパイルやテストに失敗するものが存在すると著者らは考えた.そのため,コードクローンの集約により削減可能なソースコード行数を推定するとき,コードクローンの情報のみでは正確な推定を行うことはできない.そこで本研究では,より正確な削減可能なソースコード行数を推定する手法を提案する.提案手法では,それぞれのコードクローンの集合に対して集約,コンパイル,テストを自動で行い,それらが実際に集約可能なのかを判定したうえで,削減行数を測定する.さらに提案手法を用いてオープンソースソフトウェアの削減可能なソースコード行数の測定を行った.その結果,コードクローンの情報のみで推定された削減可能な行数とは異なる数値を得た. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) コードクローン / ソフトウェア保守 / リファクタリング支援 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-70, pp. 109-114, 2019年3月.
資料番号 SS2018-70 
発行日 2019-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2019-03-SS 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) コードクローンに対する集約結果に基づいた削減可能なソースコード行数の測定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コードクローン /  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア保守 /  
キーワード(3)(和/英) リファクタリング支援 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 将 / Tasuku Nakagawa / ナカガワ タスク
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 肥後 芳樹 / Yoshiki Higo / ヒゴ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠本 真二 / Shinji Kusumoto / クスモト シンジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-70 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会