お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 14:25
人感センサの時系列データを用いた不特定多数の屋内歩行者に対する軌跡推定
小西響介亀田洋志三菱電機ASN2018-112
抄録 (和) 屋内における不特定多数の歩行者の軌跡推定技術は,工場の効率的な運搬や,ビル管理システムのセキュリティ向上に必要な技術である.監視カメラや歩行者が持つデバイスなどを用いる従来手法には,センサ設置位置が強く制約されるとの課題がある.本稿では,観測エリア内に歩行者が存在するか否かのみを探知する人感センサを用いる,歩行者軌跡の推定手法を提案する.この提案手法では,ランダム集合統計に基づく時系列推定により,観測データの曖昧さに対して位置および人数の精度劣化が生じにくい軌跡推定を実現した.また,シミュレーションデータにより,歩行者の人数,位置に関する提案方式の推定精度を評価し,人感センサの位置を単純につなげる手法に比べた場合の提案方式の優位性を示す. 
(英) Tracking indoor pedestrians makes logistics in a factory effective and a security system in a building accurate. Conventional approaches to track pedestrians use the wireless device attatched to pedestrians or use the surveillance camera. However, the field of view of a camera tends to be narrowed in a building, and it is an impractical prerequisite that each of the interested pedestrians has the wireless device. This paper proposes the alternative approach using the network of human detectors. The difficulty of this approach is that a human detector can observe only whether the pedestrians are in its detectable area. To overcome this drawback, the proposed method uses the estimation algorithm based on statistics of Random Finite Sets. This feature makes it possible to estimate individual tracks of pedestrians with human detectors even if false detections and miss detections occur. Simulations are used to verify the our approach. The result of them illustrates that the proposed method achieves better performance than a straightforward method, which makes tracks with connecting positions of human detectors.
キーワード (和) 歩行者 / トラッキング / 人感センサ / Random Finite Sets / / / /  
(英) pedestrian / tracking / human detector / Random Finite Sets / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 468, ASN2018-112, pp. 203-208, 2019年3月.
資料番号 ASN2018-112 
発行日 2019-02-25 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2018-112

研究会情報
研究会 ASN MoNA IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 東京大学 駒場キャンパス 
開催地(英) The University of Tokyo, Komaba Campus 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2019-03-ASN-MoNA-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人感センサの時系列データを用いた不特定多数の屋内歩行者に対する軌跡推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tracking Multiple Pedestrians Using the Network of Human Detectors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者 / pedestrian  
キーワード(2)(和/英) トラッキング / tracking  
キーワード(3)(和/英) 人感センサ / human detector  
キーワード(4)(和/英) Random Finite Sets / Random Finite Sets  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 響介 / Kyosuke Konishi / コニシ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 洋志 / Hiroshi Kameda / カメダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2018-112 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.468 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会