電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 15:00
マウス網膜神経節細胞のスパイク応答に含まれる時空間情報の解析
柏木雄毅山本晃司八木哲也林田祐樹阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 網膜に投影された外界像の情報は,網膜の出力段に位置する神経節細胞において,スパイクと呼ばれるデジタル的な電気信号へと符号化され脳へ伝達される.我々の脳は,その時空間的なスパイク系列を元に,時々刻々変化する外界像の知覚を生成している.過去のヒトに対する心理物理学実験では,2つの異なる画像が同時に20ミリ秒間呈示された場合に,それら画像を区別できることが示されている.これは,そのような短時間呈示された画像によって網膜神経節細胞から出力されたスパイク時系列の中に,2種類の画像の違いを知覚するうえで必要な情報が符号化されることを意味する.しかし,実際の哺乳動物の網膜神経節細胞が,短時間呈示の画像刺激に対してどのようなスパイク発火応答するかについては詳しく分かっていない.そこで本研究では,マウスの剥離網膜試料を用い,神経節細胞からのスパイク出力を細胞外記録法によって計測し,光刺激に対する応答タイプの分類,応答内のスパイク時間間隔の統計的性質などを調べ,短時間呈示画像がどのようなスパイク列として符号化される可能性があるか生理学的な検討を行った. 
(英) Information in the visual scene projected on the retina is encoded into the digital-like electrical signal called “spike” by the ganglion cells located at the retinal output stage for being sent to the brain. Based on the spatiotemporal patterns of the spikes, our brain generates visual perception of the outside world image that changes from moment to moment. Previous psychophysical experiments on human subjects have shown that the subjects can distinguish two different images presented simultaneously for the duration of only 20 msec. This result implies that a certain amount of information available for the image discrimination is encoded into the spatio-temporal patterns of spikes by the retinal ganglion cells in response to such a short duration of the image presentation. However, it has not been revealed exactly what kind of spike firing is generated by the real mammalian retinal ganglion cell in response to the flash image presentation. In this study, therefore we made measurements of the spike outputs from the ganglion cells in isolated mouse retinal preparations by means of the extracellular re-cording, and investigated the subtypes of the responses to light stimuli and statistical properties of the inter-spike intervals in those responses. Based on the experimental results, we discussed the possibility that short trains of spikes generated by some of the ganglion cell subtypes might be capable of encoding the information of the flashed image.
キーワード (和) 網膜神経節細胞 / フラッシュ画像刺激 / スパイク応答持続時間 / スパイク時間間隔 / 応答再現性 / マウス / /  
(英) Retinal ganglion cell / flash image presentation / spike response duration / inter-spike interval / response reproducibility / mouse / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-99, pp. 65-70, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-99 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マウス網膜神経節細胞のスパイク応答に含まれる時空間情報の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the spatiotemporal information contained in spike responses of mouse retina ganglion cells. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 網膜神経節細胞 / Retinal ganglion cell  
キーワード(2)(和/英) フラッシュ画像刺激 / flash image presentation  
キーワード(3)(和/英) スパイク応答持続時間 / spike response duration  
キーワード(4)(和/英) スパイク時間間隔 / inter-spike interval  
キーワード(5)(和/英) 応答再現性 / response reproducibility  
キーワード(6)(和/英) マウス / mouse  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏木 雄毅 / Yuki Kashiwagi / カシワギ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 晃司 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 哲也 / Tetsuya Yagi / ヤギ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 祐樹 / Yuki Hayashida / ハヤシダ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-99 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会