お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 13:30
多値拡散符号によるMIMO伝搬路推定に関する一検討
元木達也・○広瀬 幸小林岳彦東京電機大IN2018-135
抄録 (和) 本稿ではカオス符号より生成した多値拡散系列の通信システムを検討する.これまで雑音強調を抑圧するための新しいスペクトル拡散通信システムおよびGold符号より生成した多値拡散符号を提案してきた.提案システムでは,拡散符号行列をMIMO(multiple-input multiple-output)伝搬路の一部とみなして等化する.まず提案符号の自己相関関数と相互相関関数について吟味し,提案符号が従来の二値Gold符号とほぼ同等の性能を有することを示す.次に,周波数選択性フェージング環境下における提案システムのBER(ビット誤り率)を計算する.ここでガウス誤差モデルを用いて伝搬路推定に誤差が生じた場合における,提案システムの性能を明らかにする.さらに,送受信アンテナ数22のMIMO環境においてBER特性を評価する. 
(英) To suppress the noise enhancement, a new spread spectrum communication system with Gold code had studied in our previous work. This paper proposed a multilevel spreading sequence using chaotic code on our system. The proposed system regards the spreading code matrix as part of MIMO (multiple-input multiple-output) propagation channel, and performs equalization. First, auto- and cross-correlation functions of the proposed code are examined and it is shown that the proposed code has the nearly same performance as the conventional binary code (Gold code). Next, the BER (bit error rate) of the proposed system under frequency-selective fading environment is evaluated by computer simulation. Then, the influence of channel estimation error on the BER is studied by using Gaussian error model. As a result, it is shown that the proposed system is effective in actually assumed wideband communication environment.
キーワード (和) 多値拡散符号 / Gold符号 / カオス符号 / スペクトル拡散通信 / MIMO / / /  
(英) Multilevel code / Gold code / chaotic code / spread-spectrum communications technology / MIMO / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 466, IN2018-135, pp. 307-312, 2019年3月.
資料番号 IN2018-135 
発行日 2019-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2018-135

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多値拡散符号によるMIMO伝搬路推定に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Performance Evaluation of MIMO Channel with Multilevel Spreading Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多値拡散符号 / Multilevel code  
キーワード(2)(和/英) Gold符号 / Gold code  
キーワード(3)(和/英) カオス符号 / chaotic code  
キーワード(4)(和/英) スペクトル拡散通信 / spread-spectrum communications technology  
キーワード(5)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 元木 達也 / Tatsuya Motoki / モトキ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 幸 / Miyuki Hirose / ヒロセ ミユキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2018-135 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.307-312 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会