お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 14:10
サイバー攻撃に焦点を当てたダークウェブマーケットのスクレイピングと統計的分析
岩永崇裕中尾彰宏東大NS2018-271
抄録 (和) 近年,サイバー攻撃ツールや攻撃代行サービスが,ダークウェブ上に構築されたマーケット(以下ダークウェブマーケット)で取引されており,これを利用することで誰でも高度な攻撃を行うことが可能になってきている.我々は過去の研究で,ダークウェブマーケットにおける,BotnetやDDoS攻撃代行サービスに着目し調査を行い,サービスの種類,価格相場,市場規模などを明らかにし,取引が現実世界に与える影響について相関分析するなどし,これらがサイバー攻撃の予防に応用できる可能性を示している.さらに,手動による情報収集の時間的限界を緩和するため、ダークウェブマーケットの情報を自動的に収集するスクレイピングツールを開発している.本研究では,ダークウェブマーケットの統計的分析を行うためのスクレイピングツールを実稼働させることによって発覚した,ダークウェブマーケット側の対応策などについて示す.本研究の新規性は3つある.1つ目はダークウェブマーケットを実際にスクレイピングできるツールを開発し,実稼働させて調査を行っていることである。2つ目は,情報収集のみに焦点を当てた機械的なアクセスに対して、ダークウェブマーケット側が気づき対応を行ってくることを明らかにしていることである.3つ目は,ダークウェブマーケット側がスクレイピングへの対応策を行っても,本研究の提案手法に手を加えることによりスクレイピングが継続可能である旨を示していることである. 
(英) In recent years, cyber attack tools and attack agency services are traded in markets called “Dark Web Markets” developed in the dark web. Through dark web markets, it becomes possible for anyone to launch sophisticated attacks. However, few studies focus on the analysis and the utilization of dark web markets. In this research, we focus on Botnet and DDoS attack agency services in dark web markets and investigate, analyze, and discuss the types of services, price quotes, market size, and the impact of transactions on the real world. We also monitor the dark web market and discuss whether it can be applied to prediction and prevention of attacks. Furthermore, in order to alleviate the limit of manual information collection, we are developing a scraping tool that automatically collects information on the dark web market. In this research, we show the countermeasures of the dark web market side, which was discovered by running the scraping tool for statistical analysis of the dark web market. There are three novelty of this research. The first is to develop a tool that can scrape the dark web market and to conduct surveys on actual operation. The second is to clarify that the dark web market side notices and responds to mechanical access focusing on information gathering only. Third, even if the dark web market side has taken measures against scraping, it shows that scraping can be continued by modifying the proposed method of this research.
キーワード (和) サイバーセキュリティ / DDoS / Botnet / ブラックマーケット / ダークウェブ / / /  
(英) Cyber Security / DDoS / Botnet / Black Market / Dark Web / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-271, pp. 455-460, 2019年3月.
資料番号 NS2018-271 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-271

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイバー攻撃に焦点を当てたダークウェブマーケットのスクレイピングと統計的分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scraping for Statistical Analysis on Dark Web Market Focusing on Cyber Attack 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイバーセキュリティ / Cyber Security  
キーワード(2)(和/英) DDoS / DDoS  
キーワード(3)(和/英) Botnet / Botnet  
キーワード(4)(和/英) ブラックマーケット / Black Market  
キーワード(5)(和/英) ダークウェブ / Dark Web  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩永 崇裕 / Takahiro Iwanaga / イワナガ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-271 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.455-460 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会