電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 10:00
Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピア間の近傍性を考慮したピースの等価交換の緩和に関する検討
西 洋平笹部昌弘笠原正治奈良先端大NS2018-232
抄録 (和) ソフトウェアのセキュリティ対策は年々その重要さを増しているが,OSなど利用者数の多いソフトウェアでは,更新データ配信時のサーバへの負荷の増大が課題となっている.
このような問題解決のために,Windows Updateなど一部のシステムでは一般ユーザの端末(ピア)による配信の補助を可能とするP2P型ファイル配信が利用されている.
ただし,ピアの協力には自身のアクセス回線の利用を伴うことから,利用中の他のネットワークサービスの品質低下等を避けるために,ピアが協力行動を控える可能性がある.
先行研究では,P2Pファイル配信において,個々のピア間での同量のピース交換を促すTit-for-Tat (TFT)戦略を導入した場合のシステム性能に関する分析が行われている.
本研究では,同一LAN内など,物理網上で近傍のピアへのピース提供はそれ以外のピアへのピース提供に比べてコストが殆どかからない点に着目し,物理網上で近傍に位置するピア間でTFT制約を緩和した場合のシステム性能の改善度合いを分析する.
このような状況下での最適な配信問題は,先行研究における知見を基に線形計画問題(ILP)として定式化できる.
小規模なシステム構成における数値実験を通して,近傍のピア間のTFT制約を緩和することで,すべてのピア間にTFT制約を課す場合と比較して平均ダウンロード時間が約18.3%改善することを示す.
また,得られたピースフローから最適な配信に必要なサーバの配信戦略を示す. 
(英) Periodic update of software is one of preventive measures against malicious attacks.
When the software is used by many users, e.g., Operating System (OS), the distribution server for update tends to be a bottleneck.
To tackle this problem, several systems, e.g., Windows update, recently apply Peer-to-Peer (P2P) file distribution where clients called peers upload retrieved fragments of the whole content, i.e., pieces, to other peers.
However, some peers will not be willing to upload pieces to others, which are called free riders, due to communication overhead.
Tit-for-Tat (TFT) strategy in game theory can alleviate such free riding behavior by encouraging equivalent exchange of pieces among each pair of peers.
In recent years, the optimality of P2P file distribution under strict TFT constraint has been analyzed.
In this paper, considering the fact that the communication overhead inside a group, e.g., LAN or AS, is much less than that between different groups, we remove the TFT constraint among peers in the same group.
We find that the minimization of average file download time in such TFT-based P2P file distribution can also be modeled as Integer Linear Programming (ILP), as in the existing work.
Through numerical results, we show that the proposed model can shorten the average file download time among peers by about 18.3% compared with the strict TFT-based model.
Furthermore, we also show the server's distribution strategy to realize the optimal distribution.
キーワード (和) P2Pファイル配信 / Tit-for-Tat戦略 / 最適ピースフロー / 整数線形計画問題 (ILP) / / / /  
(英) P2P file distribution / Tit-for-Tat strategy / Optimal piece flow / Integer liner programming (ILP) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-232, pp. 231-236, 2019年3月.
資料番号 NS2018-232 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2018-232

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Tit-for-Tat型P2Pファイル配信におけるピア間の近傍性を考慮したピースの等価交換の緩和に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Proximity-based Relaxation of Equivalent Piece Exchange between Peers in Tit-for-Tat-based P2P File Distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2Pファイル配信 / P2P file distribution  
キーワード(2)(和/英) Tit-for-Tat戦略 / Tit-for-Tat strategy  
キーワード(3)(和/英) 最適ピースフロー / Optimal piece flow  
キーワード(4)(和/英) 整数線形計画問題 (ILP) / Integer liner programming (ILP)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 洋平 / Yohei Nishi / ニシ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹部 昌弘 / Masahiro Sasabe / ササベ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正治 / Shoji Kasahara / カサハラ ショウジ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-232 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.231-236 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会