電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 16:15
コンプトン散乱X線を用いる断層像再構成法
松原哲志戸田尚宏愛知県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在のX 線CT においては,直接線光子のみを利用することを前提としたアルゴリズムによる再構成を行っている.そのため,散乱線は再構成画像にアーティファクトを発生させる要因となり,検出器に装着されたグリッドによって除去されている. しかしながら,散乱線にも対象に関する情報が含まれており,散乱線から直接線とは独立な情報を抽出できれば,画質の向上や被曝の低減を期待できる.こうした中,Norton はCompton 散乱のエネルギー情報を利用した再構成を提案している.この方法は, 今後有望なモダリティを与えるものと考えられているが,X 線管球から入射されるファンビーム平面上にCompton 散乱する光子のみを利用するため,多くの散乱光子を無駄にしている.そこで, 本論文ではNorton の方法がこれまで平面上だけでの議論になっていた点から,この平面上以外に散乱していく散乱線も測定し,さらに直接線も合わせて用いることで再構成精度が高められるはずであるという観点に立ち,これを検証する. 
(英) Norton has proposed a new computer tomographic reconstruction method using Compton scattering.However, this method uses only scattered X-rays on the irradiated fan-beam plane and discards scattered X-rays in other angles. Independently, We have found that the more the scattered X-rays were measured, the better the accuracy would be improved. In this study, we propose a method to improve the reconstruction accuracy by extending Norton’s method to capture many Compton scattered X-rays by detectors arranged three dimensionally.
キーワード (和) X線CT / Compton散乱X線 / フィルタ補正逆投影(FBP / 散乱線イメージング / / / /  
(英) X-ray CT / Compton Scattered X-rays / Filtered Back Projection / Scattered-ray Imaging / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-102, pp. 83-88, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-102 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンプトン散乱X線を用いる断層像再構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) X-ray Computed Tomography using Compton Scatter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) X線CT / X-ray CT  
キーワード(2)(和/英) Compton散乱X線 / Compton Scattered X-rays  
キーワード(3)(和/英) フィルタ補正逆投影(FBP / Filtered Back Projection  
キーワード(4)(和/英) 散乱線イメージング / Scattered-ray Imaging  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 哲志 / Tetsushi Matsubara /
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 尚宏 / Naohiro Toda /
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Pref. Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-102 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会