電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 16:40
価値に駆動された連想記憶に基づく人の推論システムの機能的検証
宮田真宏大森隆司玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 認知科学では人の推論は直観的推論と論理的推論の2種類があるとされ,別々にモデル化されてきた.さらに推論と脳部位とを対応付けた研究はあるが,脳の神経回路を考慮した論理的推論のメカニズムについて言及したものは少なく,脳における論理的推論過程のモデルは未解決である.それに対し本研究ではこれまでに,連想記憶の相互想起と自己想起の機能を用いることで2つの推論それぞれを実装し,一つのパラメータの切り替えで実現できる推論の統合モデルを提案してきた.本発表では,推論システムの統合パラメータの変更に伴う推論システムの挙動の変化について検証し,本推論システムの有用性について議論する. 
(英) Humans use two types of inferences: intuitive and logical. However, they are studied separately. A site for logical inference has not been found in the brain, but modeling it as a distributed neural network form is desirable. In this study, we propose an inference model of an intuitive search process in continuous and distributed associative memory (AM), and it switches to a symbolic mode, in which each step of association converges to a stable state of self-recollection, realizing step-by-step logic. Switching is evoked by biasing the associative gain upon finding a valued state during the intuitive inference. In this study, we show the functional verification by switching the inference system. We discuss the usefulness of the proposed inference system.
キーワード (和) 人の推論システム / 直観的推論 / 論理的推論 / 連想記憶モデル / / / /  
(英) Human inference system / Intuitive inference / Logical inference / Associative memory model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 470, NC2018-73, pp. 157-162, 2019年3月.
資料番号 NC2018-73 
発行日 2019-02-25 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 価値に駆動された連想記憶に基づく人の推論システムの機能的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functional verification of human inference system based on a value driven associative memory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人の推論システム / Human inference system  
キーワード(2)(和/英) 直観的推論 / Intuitive inference  
キーワード(3)(和/英) 論理的推論 / Logical inference  
キーワード(4)(和/英) 連想記憶モデル / Associative memory model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 真宏 / Masahiro Miyata / ミヤタ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 隆司 / Takashi Omori / オオモリ タカシ
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-73 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会