電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-05 17:00
コネクテッドカーサービスに対する虚偽情報混入攻撃の強化学習による自動生成の検討
彈 雄一郎長谷川慶太原田貴史鷲尾知暁大嶋嘉人NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2025年にはコネクテッドカーの普及が予測される一方,新たなサイバー攻撃の出現が懸念される.本研究では,特に,車から収集した情報を分析し,その結果を元に交通社会を駆動するサービスへの虚偽情報混入攻撃に注目した.これは,例えば,動的な経路選択のために車から所要時間を収集し,道路ごとの平均所要時間を算出して配信するサービスに対し,(1)車が虚偽のデータを送る,(2)サービスシステムが誤った平均所要時間を算出し,(3)それを配信する,(4)その情報を信じた車が誤った経路選択をする,(5)結果として渋滞が発生する,という攻撃である.このような未知の攻撃の対処技術検討には、攻撃データの生成と分析が必要であり,恣意性やコストを減らすためには,手動よりも自動での生成が望ましい.そこで,本研究では強化学習を用いて,空いているはずの道に渋滞を発生させる攻撃データを自動生成する技術を実現した. 
(英) While the connected car is predicted to prevail by 2025, the appearance of novel cyber attacks is concerned. In this paper, we especially focus on the false data injection attack to such a service as collects information from the cars, analyzes the information, and drives the traffic society based on the result. The attack is such as follows: given a service which, for dynamic route selection, collects travel time from cars, calculates the data, and distributes the average travel time for each road, (1) malicious cars send false data to the service, (2) the service system calculates the wrong average travel time, (3) the system distributes the result, (4) the cars which believe the information select wrong routes, (5) finally, a traffic jam occurs. To examine the countermeasure technology of such unknown attack, the generation and analysis of the attack data are necessary. Furthermore, in order to reduce arbitrariness and cost in generating the data, the automatic generation is preferable to the manual one. Thus, in this paper, by using reinforcement learning, we developed a technique which automatically generates attack data inducing congestion on a vacant road.
キーワード (和) サイバーセキュリティ / コネクテッドカー / vehicle to cloud to vehicle / 虚偽情報混入攻撃 / 攻撃データ生成 / 強化学習 / /  
(英) cyber security / connected car / vehicle to cloud to vehicle / false data injection attack / attack data generation / reinforcement learning / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 472, IBISML2018-109, pp. 31-38, 2019年3月.
資料番号 IBISML2018-109 
発行日 2019-02-26 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2019-03-05 - 2019-03-06 
開催地(和) 理研AIP 
開催地(英) RIKEN AIP 
テーマ(和) 機械学習一般 
テーマ(英) Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2019-03-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コネクテッドカーサービスに対する虚偽情報混入攻撃の強化学習による自動生成の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Automatic Generation of False Data Injection Attack against Connected Car Service Based on Reinforcement Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイバーセキュリティ / cyber security  
キーワード(2)(和/英) コネクテッドカー / connected car  
キーワード(3)(和/英) vehicle to cloud to vehicle / vehicle to cloud to vehicle  
キーワード(4)(和/英) 虚偽情報混入攻撃 / false data injection attack  
キーワード(5)(和/英) 攻撃データ生成 / attack data generation  
キーワード(6)(和/英) 強化学習 / reinforcement learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 彈 雄一郎 / Yuichiro Dan / ダン ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 慶太 / Keita Hasegawa / ハセガワ ケイタ
第2著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 貴史 / Takafumi Harada / ハラダ タカフミ
第3著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲尾 知暁 / Tomoaki Washio / ワシオ トモアキ
第4著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大嶋 嘉人 / Yoshihito Oshima / オオシマ ヨシヒト
第5著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-05 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2018-109 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.31-38 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2019-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会