電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 17:35
動的情報漏洩量の解析および適応的制御入力最適化
三輪竜矢関 浩之名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) プログラムのセキュリティの尺度として動的情報漏洩量が提案されている.本稿ではまず,与えられたプログラムの機密入力と観測出力間の関係を近似的に表すために,抽象解釈法を用いてプログラム変数間の等式を原子命題とする論理式を構成し,それに基づいてプログラムの動的漏洩量を解析する方法を提案する.また,与えられたプログラムの抽象解釈上での安全性の判定問題がPSPACE完全であることも示す.次に,プログラムの入力の一部を観測者が選択できる場合,動的漏洩量の期待値が最大となるような制御入力値を適応的に求める手法を提案した. 
(英) We first propose a method of analyzing dynamic information leakage of a given program.Our method uses abstract interpretation and constructs a logic formula that represents a relationship between secret information and a public output. We prove the correctness of the method and also show that the problem of deciding whether a given program is secure under abstract interpretation is PSPACE-complete. Next, we propose a method of computing a control input that maximizes the expected value of dynamic leakage from an observed program when an observer can select a part of the program's inputs.
キーワード (和) 動的情報漏洩量 / 抽象解釈 / 適応的制御入力最適化 / 制御入力 / / / /  
(英) dynamic information leakage / abstract interpretation / adaptive input optimization / control input / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-68, pp. 97-102, 2019年3月.
資料番号 SS2018-68 
発行日 2019-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2019-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的情報漏洩量の解析および適応的制御入力最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic information leakage analysis and adaptive input optimization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的情報漏洩量 / dynamic information leakage  
キーワード(2)(和/英) 抽象解釈 / abstract interpretation  
キーワード(3)(和/英) 適応的制御入力最適化 / adaptive input optimization  
キーワード(4)(和/英) 制御入力 / control input  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 竜矢 / Tatsuya Miwa / ミワ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 浩之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 17:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-68 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会