電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 14:45
機械学習による要求文書からの開発バックログ作成支援
石塚 凌鷲崎弘宜早大)・斎藤 忍應治沙織NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) システム運用の過程で利用者から大量の要望(チケット)が寄せられる.システム開発者は寄せられたチケットの中から次期開発で必要な機能を洗い出す必要があるが,その内容は多種多様であるため,一から読んで理解する事が困難になっている.そこで,我々は記述粒度の粗い要求レベルのチケットだけを抽出し,内容に基づいて集約化する手法を提案する.英語で記述された要求・設計文書に適用した結果,要求文書と設計文書の分類,要求文書のグルーピングをそれぞれ高い精度で実現できた.また,日本語で記述された要求文書に適用した結果,日本語データにおける今後の課題を確認する事ができた. 
(英) A large amount of demands are sent by users during systems operation. The project manager should identify the features required for the next development out of the demands. However, it is difficult to understand the whole context of the demands because there are a wide variety of the contents. We propose the machine learning based method to extract the requirements from the demands and arrange them. In our experiment used NASA datasets in Tera-PROMISE, our methods performed the document classification of requirements and specifications and clustering of requirements with high accuracy.
キーワード (和) リバースエンジニアリング / テキストマイニング / 文書分類 / クラスタリング / 機械学習 / / /  
(英) Reverse Engineering / Text Mining / Classification / Clustering / Machine Learning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-62, pp. 61-66, 2019年3月.
資料番号 SS2018-62 
発行日 2019-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2019-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習による要求文書からの開発バックログ作成支援 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Machine learning based requirements description analysis technique for creating backlogs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リバースエンジニアリング / Reverse Engineering  
キーワード(2)(和/英) テキストマイニング / Text Mining  
キーワード(3)(和/英) 文書分類 / Classification  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(5)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 凌 / Ryo Ishizuka / イシヅカ リョウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲崎 弘宜 / Hironori Washizaki / ワシザキ ヒロノリ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 忍 / Shinobu Saito / サイトウ シノブ
第3著者 所属(和/英) NTT ソフトウェアイノベーションセンタ (略称: NTT)
NTT Software Innovation Center (略称: NTT SIC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 應治 沙織 / saori ouji / オウジ サオリ
第4著者 所属(和/英) NTT ソフトウェアイノベーションセンタ (略称: NTT)
NTT Software Innovation Center (略称: NTT SIC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-62 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会