電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 09:20
CCNでの動画ストリーミングにおけるネットワークキャッシュの影響の一検討
後藤航輝速水祐作関西大)・萬代雅希上智大)・山本 幹関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) MPEG-DASH (MPEG Dynamic Adaptive Streaming over HTTP)において利用される適応ビットレート選択 (ABR: Adaptive Bit Rate)には,測定したスループットに基づくレートベース方式,自身のプレイアウトバッファ量を基準にするバッファベース方式,それらを組み合わせたハイブリッドベース方式が存在する.一方,動画などのコンテンツを効率的に配信する取り組みとしてCCN (Content-Centric Networking)が研究されている.CCNではルータがキャッシュ機能を持つため,サーバより近くのルータからコンテンツを取得可能で,より近くからダウンロードすることでユーザの観測するスループットが一時的に上昇する.CCNにおいてABRを行なった場合,スループットに基づくレートベース方式,ハイブリッドベース方式は,この偶発的なキャッシュヒットによる誤ったスループット情報を利用して高いビットレートを選択し,動画の視聴品質に悪影響を及ぼす可能性がある.本稿では,動画ストリーミングにおける一般的な評価指標であるQoE (Quality of Experience)の観点で,CCNでの動画ストリーミングにおいてネットワークキャッシュが各ABR方式に与える影響を定量的に評価する. 
(英) In Adaptive Bit Rate (ABR) utilized in MPEG-DASH (MPEG Dynamic Adaptive Streaming over HTTP), there are three representative algorithms, rate/throughput-based, buffer-based and hybrid-based method. On the other hand, CCN/NDN has been widely studied for efficient content distribution including video streaming. In CCN/NDN, routers are equipped with cache storage and can provide cached video contents instead of original content servers. By downloading from these cached contents in the routers, a user can quickly download the video contents, which might lead to misunderstanding download throughput. This inaccurate information of throughput brings inappropriate bitrate selection of ABR algorithm running on the user's application and significant reduction of QoE (Quality of Experience) performance. In this paper, from the viewpoint of QoE, we evaluate the influence of in-network caches on each ABR algorithm in video streaming in CCN/NDN.
キーワード (和) コンテンツ指向ネットワーク / ネットワーク内キャッシュ / ストリーミング / QoE / / / /  
(英) Content-Centric Networking / In-Network Cache / Streaming / Quality of Experience / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-203, pp. 57-62, 2019年3月.
資料番号 NS2018-203 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CCNでの動画ストリーミングにおけるネットワークキャッシュの影響の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Influences of In-Network Cache on Adaptive Bit Rate in CCN-Based Video Streaming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content-Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク内キャッシュ / In-Network Cache  
キーワード(3)(和/英) ストリーミング / Streaming  
キーワード(4)(和/英) QoE / Quality of Experience  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 航輝 / Koki Goto / ゴトウ コウキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 速水 祐作 / Yusaku Hayamizu / ハヤミズ ユウサク
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬代 雅希 / Masaki Bandai / バンダイ マサキ
第3著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-203 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会