電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 15:00
無人走行車における遠隔操作支援システムの性能評価 ~ 通信遅延と解像度及びフレーム数による影響 ~
門脇康平東京理科大)・橋本尚久滝浪雄介トンプソン サイモン加藤 晋産総研)・伊丹 誠東京理科大ITS2018-91
抄録 (和) 無人走行車は常に管制塔などから監視され,万が一の際に無人走行車を遠隔操作する必要がある.しかし,視界の制限及び通信遅延の影響により,遠隔操作することが難しい.遠隔操作をより正確に行うために,画面の予測軌道線を表示することで遠隔操作の支援をするシステムを提案する.遅延の長さや画像の解像度,フレーム数を変えながら無人走行車を遠隔操作し,スタートからゴールに到達するまでの時間を求めた結果,特にフレーム数と遅延の長さによって到達時間に17秒以上の差が出ることがわかった. 
(英) Automated vehicles are expected to solve traffic issues. We proposed a prototype of remote type automated vehicle system. However, the lack of information due to the limited number of cameras and signal delay makes the system difficult to control. To improve accurate remote control and compensate the delay, a method of trajectory prediction with changing fps or resolution is proposed. This demonstration paper introduces the automated vehicle system and explains the system configuration, communication and results. The experiment in this paper is measuring the delay at each fps and resolution.
キーワード (和) スマートモビリティ / ラストマイル自動走行 / 無人走行車 / 遠隔型自動走行システム / UDP / ITS / /  
(英) Smart Mobility / Last Mile Mobility / Unmanned Ground Vehicle / Automated Driving Vehicle / UDP / ITS / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 464, ITS2018-91, pp. 41-44, 2019年3月.
資料番号 ITS2018-91 
発行日 2019-02-25 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2018-91

研究会情報
研究会 ITS IEE-ITS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-04 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) ITS情報処理,一般 
テーマ(英) Information Processing for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2019-03-ITS-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無人走行車における遠隔操作支援システムの性能評価 
サブタイトル(和) 通信遅延と解像度及びフレーム数による影響 
タイトル(英) Performance Evaluation of Remote Control Support System for Unmanned Vehicle 
サブタイトル(英) Effect of Communication Delay, Video Resolution and Frequency 
キーワード(1)(和/英) スマートモビリティ / Smart Mobility  
キーワード(2)(和/英) ラストマイル自動走行 / Last Mile Mobility  
キーワード(3)(和/英) 無人走行車 / Unmanned Ground Vehicle  
キーワード(4)(和/英) 遠隔型自動走行システム / Automated Driving Vehicle  
キーワード(5)(和/英) UDP / UDP  
キーワード(6)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 門脇 康平 / Kohei Kadowaki / カドワキ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 尚久 / Naohisa Hashimoto / ハシモト ナオヒサ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝浪 雄介 / Yusuke Takinami / タキナミ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) トンプソン サイモン / Simon Thompson / トンプソン サイモン
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 晋 / Shin Kato / カトウ シン
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / イタミ マコト
第6著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2018-91 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会