電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 10:40
余裕時間の考慮によりマルチプロセッサリアルタイムシステムのヒープメモリ消費量を削減する改良LLFスケジューリング
町頭優輝中田明夫広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) リアルタイム組込みシステムは,複数の入力に対する応答性を向上させるためにマルチタスクシステムで設計され,また低消費電力化と高性能化の両立を図るためマルチプロセッサ環境下で実行されることが多い.しかしながら,タスクが他のタスクに切り替わることよって一時停止するとき,各タスクにヒープメモリが割り当てられたままとなるため,マルチタスクシステムではヒープメモリ消費量が増加してしまうことが多い.そのため,ヒープメモリ消費量を削減するスケジューリングが行えることが望ましい.一方,マルチプロセッサ環境下でのリアルタイムスケジューリングアルゴリズムとしては,一般にEDFスケジューリングよりもLLFスケジューリングの方が,スケジュール可能性が高いことが知られている.そこで本研究では,LLFスケジューリングを基にして,リアルタイムマルチタスクシステムのヒープメモリ消費量を削減するスケジューリングアルゴリズムを提案する. 
(英) Real-time embedded systems are often designed as multitasking systems in order to improve responsiveness to multiple external input and they are often implemented in multiprocessor in order to achieve both low power consumption and high-performance.However, when the tasks are suspended for switching to the other task, multitasking systems often increase heap memory consumption allocated for temporal use because the allocated memories for tasks often remain allocated simultaneously.Therefore, it is desirable to be able to perform scheduling to reduce heap memory consumption.On the other hand, it is generally known that schedulability is higher in LLF scheduling than in EDF scheduling in real-time scheduling algorithms under multiprocessor environments.In this paper, we propose an improved real-time scheduling algorithm based on LLF scheduling to reduce heap memory consumption of real-time multitasking system.
キーワード (和) リアルタイム組込みシステム / マルチタスクシステム / マルチプロセッサリアルタイムシステム / スケジューリングアルゴリズム / メモリ削減技術 / LLFスケジューリング / /  
(英) Real-Time embedded systems / Multitasking systems / Multiprocessor real-time systems / Scheduling algorithm / Memory saving technology / LLF scheduling / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-55, pp. 19-24, 2019年3月.
資料番号 SS2018-55 
発行日 2019-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2019-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 余裕時間の考慮によりマルチプロセッサリアルタイムシステムのヒープメモリ消費量を削減する改良LLFスケジューリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An improved LLF scheduling for reducing heap memory consumption in multiprocessor real-time system by considering laxity time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リアルタイム組込みシステム / Real-Time embedded systems  
キーワード(2)(和/英) マルチタスクシステム / Multitasking systems  
キーワード(3)(和/英) マルチプロセッサリアルタイムシステム / Multiprocessor real-time systems  
キーワード(4)(和/英) スケジューリングアルゴリズム / Scheduling algorithm  
キーワード(5)(和/英) メモリ削減技術 / Memory saving technology  
キーワード(6)(和/英) LLFスケジューリング / LLF scheduling  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 町頭 優輝 / Yuki Machigashira / マチガシラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hirosima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 明夫 / Akio Nakata / ナカタ アキオ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hirosima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 10:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-55 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会