電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 09:00
トラブルチケットシステム向けプロジェクト支援エージェントの開発
須加純一富士通研)・原田智幸杉本国丈宮山雄太富士通)・河合正昭加藤正文富士通研)・山田弘隆山岸友一宮田修次富士通
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 意思を伝える相手や使うサービスを特定できていない段階で、それを探し目的を達成するWebサービスが社会に浸透している。特定できていない二者を“つなぐ”には、その二者を仲介(マッチング)する “つなぎ役”が必要になる。装置の開発現場を見ても、問題提起者が、対応できる人を特定しきれない場面で、問題を伝えなければならない。我々は多くの開発者を要する通信装置の開発が円滑に進められるように、トラブルチケットシステムにアドオンできるエージェントの開発を進めている。提案するエージェントは、トラブルチケット内の事象と開発プロジェクトを特徴づける構造化データを、情報指向ネットワーク(ICN: Information Centric Network)技術を応用してつなぐ。本稿は、その動作概要・機能構成を示すとともに、ユースケースを利用者画面で例示する。 
(英) A lot of services based on matching technology are penetrated today such as e-commerce, travel reservation and contents mining. To smoothly develop sophisticated systems, a problem presenter and an unspecified troubleshooter must be associated with the trouble ticket in which the bugs or the incidents are described for the development or operation phase. Now, we are developing a Project Activating Agent to activate communication between engineers developing the sophisticated system with a trouble ticket. This paper discusses data and functions, which should be prepared and referred by the agent. The key element is Information Centric Network technology that associates the description about incidents and engineers’ profile. Further, we’ll address the functional architecture the prototype of the agent specifying a specified troubleshooter.
キーワード (和) トラブルチケットシステム / エージェント / 情報指向ネットワーク / プロファイル / データ構造化 / マッチング / /  
(英) Trouble Ticket System / Agent / Information Centric Network / Profile / Data Structuring / Data Matching / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 465, NS2018-202, pp. 51-56, 2019年3月.
資料番号 NS2018-202 
発行日 2019-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN NS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄コンベンションセンター 
開催地(英) Okinawa Convention Center 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-03-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) トラブルチケットシステム向けプロジェクト支援エージェントの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Development of Project Activation Agent for a Trouble Ticket System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラブルチケットシステム / Trouble Ticket System  
キーワード(2)(和/英) エージェント / Agent  
キーワード(3)(和/英) 情報指向ネットワーク / Information Centric Network  
キーワード(4)(和/英) プロファイル / Profile  
キーワード(5)(和/英) データ構造化 / Data Structuring  
キーワード(6)(和/英) マッチング / Data Matching  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須加 純一 / Junichi Suga / スガ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 智幸 / Tomoyuki Harada / ハラダ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 国丈 / Kunitake Sugimoto / スギモト クニタケ
第3著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮山 雄太 / Yuta Miyayama / ミヤヤマ ユウタ
第4著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 正昭 / Masaaki Kawai / カワイ マサアキ
第5著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Lab)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正文 / Masafumi Kato / カトウ マサフミ
第6著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu Lab)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 弘隆 / Hirotaka Yamada / ヤマダ ヒロタカ
第7著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 友一 / Yuuichi Yamagishi / ヤマギシ ユウイチ
第8著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 修次 / Shuji Miyata / ミヤタ シュウジ
第9著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2018-202 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会