電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 14:15
筋自体に長さを一定に維持する収縮力学的な機構があるのだろうか? ~ カエルの筋の実験と数学モデル ~
赤澤堅造阪大/希望の家)・内山孝憲慶大)・奥野竜平摂南大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筋の長さー張力関係において、上向脚と下向脚がある。ヒトの手首筋では、これらの範囲で筋長が変化していることが報告されている。上向脚は正のバネ係数の振る舞いであり、下向脚は負のバネ係数に該当する。筋は指定したある一定の位置に留まることができる力学特性を備えているか、という課題は制御系の設計の問題ではなく、力学の問題である。実は、これに対する答えはまだ得られていない。カエルから摘出した半腱様筋を用いて、電気刺激により強縮を起こさせ、初期値としての筋長を上向脚から下向脚まで種々変化させ、等尺性収縮、ランプ状伸展、ランプ状短縮に対する張力変化を計測した。上向脚から下向脚まで、筋自体の長さを一定に維持できる収縮特性があることが明らかになった。ただし、下向脚における短縮の場合、一定位置を維持する力学特性は存在しないことが示された。実験で得られた生理学的結果を説明する数学モデルを提案する。 
(英) While a skeletal muscle is able to maintain a constant isometric force with a steady electrical stimulation, is it possible to maintain a constant length. Mechanism of regulating the muscle length still remains an open question, In order to answer this question, we made physiological experiments of frog semitendinosus muscle, and proposed a mathematical model of the muscle operating on the ascending and descending limb of the force-length relationship.
キーワード (和) 筋, / カエル / 力学 / 数学モデル / 収縮 / / /  
(英) musle / force / mechanics / mathematical / model / contraction / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-88, pp. 17-22, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-88 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 筋自体に長さを一定に維持する収縮力学的な機構があるのだろうか? 
サブタイトル(和) カエルの筋の実験と数学モデル 
タイトル(英) Mechanism of regulating the muscle length still remains an open question ? 
サブタイトル(英) Physiological experiments of frog skeletal muscle and a mathematical model 
キーワード(1)(和/英) 筋, / musle  
キーワード(2)(和/英) カエル / force  
キーワード(3)(和/英) 力学 / mechanics  
キーワード(4)(和/英) 数学モデル / mathematical  
キーワード(5)(和/英) 収縮 / model  
キーワード(6)(和/英) / contraction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤澤 堅造 / Kenzo Akazawa / アカザワ ケンゾウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学/希望の家 (略称: 阪大/希望の家)
Osaka University/Kibounoie (略称: Osaka Univ/Kibounoie)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内山 孝憲 / Takanori Uchiyama / ウチヤマ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥野 竜平 / Ryuhei Okuno / オクノ リュヘイ
第3著者 所属(和/英) 摂南大学 (略称: 摂南大)
Setsunan University (略称: Setsunan Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-88 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会