電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 15:20
外耳道内圧計測による静脈血行動態測定法の検討
門西修平髙橋壮太吉田崇将寺田信幸東洋大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高圧系の左心に比べて,低圧系の右心は長い間注目されることが少なかったが,近年の様々な研究において,右心機能の重要性が報告され注目されるようになった.先行研究において音響センサを用いた外耳道内圧測定装置を耳に装着し,外耳道内圧の変化を検出することで,頸静脈圧変動と推定される変化を捉えることに成功した.頸静脈圧は右房内圧を反映しており,右心機能の有用な診断情報となりうる.本研究では,体位変換実験と内頸静脈エコー実験より,外耳道内圧が静脈血行動態に応じた変化を示していることを確認した.さらに,飲水実験と暑熱負荷実験より,外耳道内圧から脱水状態への移行と回復の変化を捉えることができた. 
(英) We detected the change of the internal pressure of the ear canal using the acoustic sensors in our previous study, showing some similarities to the change of the jugular venous pressure. In this study, to elucidate functional correlations between the change of the ear canal pressure and the change of the jugular venous pressure, we performed a postural change experiment, ultrasound imaging of the jugular vein, and water intake or water discharge by sauna bathing. The ear canal pressure functionally altered in accordance with physiological changes, suggesting that the ear canal pressure is derived from the jugular venous pressure.
キーワード (和) 外耳道 / 右心機能 / 静脈血行動態 / 脱水 / / / /  
(英) Ear canal / Right heart function / Venous hemodynamics / Dehydration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 469, MBE2018-90, pp. 29-32, 2019年3月.
資料番号 MBE2018-90 
発行日 2019-02-25 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外耳道内圧計測による静脈血行動態測定法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of venous hemodynamics with the internal pressure measuring device for the ear canal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 外耳道 / Ear canal  
キーワード(2)(和/英) 右心機能 / Right heart function  
キーワード(3)(和/英) 静脈血行動態 / Venous hemodynamics  
キーワード(4)(和/英) 脱水 / Dehydration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 門西 修平 / Shuhei Monzai / モンザイ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 壮太 / Sota Takahashi / タカハシ ソウタ
第2著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 崇将 / Takamasa Yoshida / ヨシダ タカマサ
第3著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 信幸 / Nobuyuki Terada / テラダ ノブユキ
第4著者 所属(和/英) 東洋大学 (略称: 東洋大)
Toyo University (略称: Toyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2018-90 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会