お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 10:20
ヒッティング課題における認知戦略の影響
小林明美木村聡貴NTTNC2018-50
抄録 (和) 野球では良い打撃を達成するため,来る球がストライクかボールかをよく見極めるよう指導される(G戦略)が,球速が速く,判断のための時間が短くなってくると, G戦略ではなく,全ての球を打つ戦略(A戦略)をとる方が良いパフォーマンスを生む可能性がある.本研究で,ヒッティング課題における見極め戦略の影響を,インパクトまでの時間(TTC)を変えて比較したところ,TTCが0.5秒未満において,G戦略とA戦略との間でヒット精度に差がないことが確認された.これは,コースを見極める優位性がなくなったことを示している.この背景として,極短時間での選択(Go/No-go)運動では,判断に要する情報処理が運動生成に干渉している可能性が示唆される. 
(英) Baseball coaches instruct the batters to judge all pitches as either ball or strike, the G strategy. However, when receiving a very fast pitch, batters instinctively choses the A strategy, which is to swing at all pitches as the time to judge the pitch as strike or ball is too short. This study examines the effectiveness of these strategies with various time-to-contact (TTC) values. We found that there was no difference in hit accuracy between the strategies if TTC was less than 0.5 seconds, indicating that the G strategy offers no benefit. Our study suggests that cognitive processing can interfere with motor performance during Go / No-go tasks with very short time constraints.
キーワード (和) スポーツ / 野球 / 戦略 / ヒッティング課題 / 意思決定 / / /  
(英) Sports / Baseball / Strategy / Hitting task / Decision making / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 470, NC2018-50, pp. 37-42, 2019年3月.
資料番号 NC2018-50 
発行日 2019-02-25 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2018-50

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2019-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒッティング課題における認知戦略の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of cognitive strategies on hitting task 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スポーツ / Sports  
キーワード(2)(和/英) 野球 / Baseball  
キーワード(3)(和/英) 戦略 / Strategy  
キーワード(4)(和/英) ヒッティング課題 / Hitting task  
キーワード(5)(和/英) 意思決定 / Decision making  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 明美 / Akemi Kobayashi / コバヤシ アケミ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 聡貴 / Toshitaka Kimura / キムラ トシタカ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2018-50 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会