お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-04 09:25
離散時間実行環境におけるYampaプログラムに対するUppaalを用いた振舞い検証
中根里空結縁祥治名大SS2018-52
抄録 (和) 本研究では,離散時間実行環境におけるYampaプログラムの振舞い検証を行った.離散的な振舞いは連続的な振舞いを十分に実現できないため,連続的に変化する値を取り扱うシステムが離散的な実行環境において正しく動作するか検証する.Yampaプログラムは変数を時間に伴い連続的に変化させるプログラムを記述する.Yampaプログラムに対して検証を行うことで,連続値を扱うシステムの離散的な実行の正しさを保証する.リアルタイムシステムの検証ツールUppaalを用いて,Yampaプログラムの離散実行をモデル化し,連続的な意味における性質が保存されるかを検証した. 
(英) This study proposes a verification of Yampa program behavior in the discrete runtime environment using Uppaal. Although a Yampa program is designed with continuous behavior, the actual executions are with the discrete runtime environment. This gap sometimes results in an unexpected behavior. Therefore, it is necessary to verify whether the system works properly in discrete runtime environment. we present a translation from Yampa programs to Uppaal description. It is shown that an erroneous behavior is detected by the Uppaal model checker in the bouncing-ball example.
キーワード (和) 離散的 / 連続的 / Yampa / Uppaal / / / /  
(英) discrete / continuous / Yampa / Uppaal / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 471, SS2018-52, pp. 1-6, 2019年3月.
資料番号 SS2018-52 
発行日 2019-02-25 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2018-52

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2019-03-04 - 2019-03-05 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2019-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散時間実行環境におけるYampaプログラムに対するUppaalを用いた振舞い検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Behavioral Verification of Yampa Programs in a Discrete Runtime Environment using Uppaal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 離散的 / discrete  
キーワード(2)(和/英) 連続的 / continuous  
キーワード(3)(和/英) Yampa / Yampa  
キーワード(4)(和/英) Uppaal / Uppaal  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中根 里空 / Riku Nakane / ナカネ リク
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univeristy (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 結縁 祥治 / Shoji Yuen / ユウエン ショウジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univeristy (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-04 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2018-52 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2019-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会