電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-02 14:20
超音波距離計に対する距離偽装攻撃の成立条件
井上侑哉野平浩生吉田直樹藤本大介松本 勉横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 超音波距離計の送信波を攻撃装置が受波しそれをトリガとして攻撃波を送信して超音波距離計に本来の距離計測対象物体までの真の距離より短い値を出力させる「距離偽装攻撃」が,成功すさるためには,超音波距離計から検知されない場所に設置された攻撃装置が超音波距離計からの送信波を受波でき,かつ,攻撃波を超音波距離計に受波させる必要がある.この条件につき具体的に検討する. 
(英) Discussion is made on the condition that an attacking device installed at a place not detected from the target ultrasonic range finder can receive the transmitted wave from the ultrasonic range finder and can transmit an attack wave to the target ultrasonic range finder so that it outputs some spoofed range value.
キーワード (和) 計測セキュリティ / 超音波距離計 / 攻撃条件 / / / / /  
(英) Instrumentation Security / Ultrasonic Range Finder / Attack Condition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 458, HWS2018-106, pp. 295-299, 2019年2月.
資料番号 HWS2018-106 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超音波距離計に対する距離偽装攻撃の成立条件 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Conditions for Successful Attacks on Ultrasonic Range Finder to Output Incorrect Values 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計測セキュリティ / Instrumentation Security  
キーワード(2)(和/英) 超音波距離計 / Ultrasonic Range Finder  
キーワード(3)(和/英) 攻撃条件 / Attack Condition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 侑哉 / Yuya Inoue / イノウエ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野平 浩生 / Hiroki Nohira / ノヒラ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 大介 / Daisuke Fujimoto / フジモト ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matumoto / マツモト ツトム
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-02 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-VLD2018-143,IEICE-HWS2018-106 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.295-299 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会