お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-02 12:30
音声情報の可視化による議事録生成ツールへ向けて
中村悠介中瀬 武谷島聖司松野 裕日大KBSE2018-54
抄録 (和) 今日、企業などでの会議などにおける議事録はプロジェクトや業務を進めるにあたって重要なコミュニケーション手段である。しかし会議中に議事録を見ることはできず、参加者は話した内容を記憶しながら議論することが多く、議論の発散や、決定事項の曖昧化などが起こることが多い。ホワイトボードを使いながら議論する場合もあるが、書くコストと、書くことによる心理的負荷がある。これらを解決するために、本研究では話した内容を音声として認識し、即座にツリー状の議事録を共有するツールを提案する。提案ツールはUnityを用いて実装する。現状の音声認識をし、ユーザが共有する画面上に文字列として表示するプロトタイプを説明し、今後の課題を示す。 
(英) Today, the minutes at meetings in organizations such as companies are important. However, it is impossible to see the minutes during the meetings, and participants need to memorize the content of discussions, and unfortunately, the discussions tend to be diverge and the agreements become obscured. Using white board will help to solve these problems, but sometimes writing something in whiteboard require psychological loads. In order to solve these problems, we propose a tool to share the contents of discussion by translating voice data into text data and visualize the text in a virtual environment. The proposed tool is implemented using Unity. We describe the current speech recognition and explain the prototype which displays it as a character string on the screen shared by the user and presents future tasks.
キーワード (和) 音声の可視化 / コミュニケーション / / / / / /  
(英) Voice visualization / Communication / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 463, KBSE2018-54, pp. 1-5, 2019年3月.
資料番号 KBSE2018-54 
発行日 2019-02-22 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2018-54

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2019-03-01 - 2019-03-02 
開催地(和) 同志社大学寒梅館 
開催地(英) Doshisha University Kambaikan 
テーマ(和) 一般,学生セッション(予定) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声情報の可視化による議事録生成ツールへ向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward Automatic Generation of Meeting Minutes by Visualization of Voice Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声の可視化 / Voice visualization  
キーワード(2)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 悠介 / Yusuke Nakamura / ナカムラ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本大学大学院 (略称: 日大)
Graduate school ,Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中瀬 武 / Takeshi Nakase / ナカセ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷島 聖司 / Satoshi Yajima / ヤジマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 裕 / Yutaka Matsuno / マツノ ユタカ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-02 12:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2018-54 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-KBSE-2019-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会