お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-02 10:00
学習済みWebサイトの操作ログに基づく有効性・効率性評価の実践
青木亮太小形真平岡野浩三信州大KBSE2018-64
抄録 (和) 業務系Webアプリケーションの有効性と効率性は,生産性を高めるために重要である.
我々はこれまで,有効性と効率性を効率的に評価することに応用できる評価用フレームワークを提案してきた.
本研究では,本フレームワークのプロセスの一部を考慮し,利用者が学習済みであると前提を置いたWebアプリケーションに対し,その有効性および効率性の評価方法の実践を試みるものである.
本稿では,学生18名を対象に,異なる2つのシラバス検索システムを事例とした評価実験の実践結果について報告する. 
(英) Web usability in business applications is crucial for enhancing productivity.
We have proposed an evaluation framework which can be applied to the efficient evaluation of the effectiveness and efficiency of applications
In this study, we attempt to evaluate the effectiveness and efficiency of Web sites learned by the users on the basis of a part of the framework.
This paper reports the result of an experiment capturing and analyzing 18 users' operation logs of two different syllabus search systems.
キーワード (和) 操作ログ / ユーザビリティ評価 / 業務系Webアプリケーション / 有効性 / 効率性 / / /  
(英) operation logs / usability evaluation / business Web application / effectiveness / efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 463, KBSE2018-64, pp. 63-68, 2019年3月.
資料番号 KBSE2018-64 
発行日 2019-02-22 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2018-64

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2019-03-01 - 2019-03-02 
開催地(和) 同志社大学寒梅館 
開催地(英) Doshisha University Kambaikan 
テーマ(和) 一般,学生セッション(予定) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学習済みWebサイトの操作ログに基づく有効性・効率性評価の実践 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effectiveness and efficiency evaluation based on operation logs of learned Web site 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 操作ログ / operation logs  
キーワード(2)(和/英) ユーザビリティ評価 / usability evaluation  
キーワード(3)(和/英) 業務系Webアプリケーション / business Web application  
キーワード(4)(和/英) 有効性 / effectiveness  
キーワード(5)(和/英) 効率性 / efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 亮太 / Ryota Aoki / アオキ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Shinpei Ogata / オガタ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 浩三 / Kozo Okano / オカノ コウゾウ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-02 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2018-64 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2019-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会