お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 16:45
CAN通信におけるMAC生成用カウンタの同期手法
西田奏太野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2018-135 HWS2018-98
抄録 (和) 自動車の制御はECUと呼ばれる電子制御ユニットによって実現されている.また,ECUを接続するネットワークとしてCANが広く使用されている.しかし,CANプロトコルのセキュリティは十分ではなく,車載システムに対して様々な攻撃が実証されている.攻撃への対策として,MACを用いたメッセージ認証方式が提案されている.さらに,リプレイ攻撃を防止するため,カウンタの値などを利用してMACを生成する手法が考案されている.一方で,カウンタの同期がずれた場合,以降のメッセージを正しく認証できなくなる可能性がある.そこで本研究では,新たなカウンタ同期手法を提案する.評価実験では,提案同期手法は通信量を削減し,カウンタの同期を回復できることを示す. 
(英) The control of the automobile is realized by ECU. CAN is widely used as a network connecting the ECU. However, since CAN protocol is not secure, various attacks have been demonstrated against in-vehicle system. In message authentication proposed as a countermeasure against attacks, a counter value is used for MAC generation. Therefore, in order to authenticate the message correctly, the counters need to be synchronized. This study proposes a new synchronization method. Experimental results show that the proposed method synchronizes counters while reducing communication traffic.
キーワード (和) 自動車セキュリティ / CAN / 認証 / 対策手法 / / / /  
(英) Automotive Security / CAN / Authentication / Countermeasure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 458, HWS2018-98, pp. 249-254, 2019年2月.
資料番号 HWS2018-98 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2018-135 HWS2018-98

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CAN通信におけるMAC生成用カウンタの同期手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Counter Synchronization Method for MAC generation in CAN Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動車セキュリティ / Automotive Security  
キーワード(2)(和/英) CAN / CAN  
キーワード(3)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(4)(和/英) 対策手法 / Countermeasure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 奏太 / Kanata Nishida / ニシダ カナタ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野崎 佑典 / Yusuke Nozaki / ノザキ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 雅弥 / Masaya Yoshikawa / ヨシカワ マサヤ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-VLD2018-135,IEICE-HWS2018-98 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会