電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 14:30
無線カオス発振型チップ・パッケージ・ボード相互作用PUF統合回路設計手法とその評価
高橋雅典永田 真三浦典之神戸大VLD2018-130 HWS2018-93
抄録 (和) ICチップのみならずパッケージとボードを含む模造品対策技術として、無線結合と相性の良いカオス発振を利用したチップ・パッケージ・ボード相互作用PUFを提案した。本論文では、この相互作用PUFから安定したPUF IDを生成するための、無線結合コイルとID生成回路の統合回路設計手法について議論する。 
(英) We proposed chip-package-board interactive PUF using chaos oscillation that is compatible with wireless coupling as a countermeasure against counterfeit products including not only IC chips but also packages and boards. In this paper, we discuss the integrated circuit design method of wireless coupling coil and ID generation circuit to generate stable PUF ID from this interactive PUF.
キーワード (和) カオス発振 / 相互作用PUF / サプライチェーンセキュリティ / ID生成 / / / /  
(英) Chaos Oscillation / Interactive PUF / Supply Chain Security / ID Generation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 458, HWS2018-93, pp. 223-224, 2019年2月.
資料番号 HWS2018-93 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2018-130 HWS2018-93

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線カオス発振型チップ・パッケージ・ボード相互作用PUF統合回路設計手法とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integrated Circuit Design and Evaluation of Chip-Package-Board Interactive PUF Based on Wireless Chaos Oscillation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス発振 / Chaos Oscillation  
キーワード(2)(和/英) 相互作用PUF / Interactive PUF  
キーワード(3)(和/英) サプライチェーンセキュリティ / Supply Chain Security  
キーワード(4)(和/英) ID生成 / ID Generation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 雅典 / Masanori Takahashi / タカハシ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 真 / Makoto Nagata / ナガタ マコト
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 典之 / Noriyuki Miura / ミウラ ノリユキ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-VLD2018-130,IEICE-HWS2018-93 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.223-224 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会