電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 13:45
SMW公式を用いたADMM-L1最小化問題の高速解法
千葉直也東北大)・今倉 暁筑波大)・橋本浩一東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Light Transport Matrix (LTM)はプロジェクタ・カメラシステムにおけるプロジェクタ・カメラ間の光線の伝搬を行列で表すモデルであり,シーン再投影や反射の解析,三次元計測などに用いられる.我々はLTMのスパース性を利用し,Alternating Direction Method of Multipliers (ADMM)による$ell_1$最小化を用いたLTMのスパース推定に関する研究を進めてきた.本発表ではSherman-Morrison-Woodbury (SMW)公式をADMMによるL1最小化に適用することで,ADMMの計算量のオーダーを減らし,高速にLTMを推定できる手法を提案する. 
(英) The light ray propagation of a projector-camera system is described by Light Transport Matrix (LTM), which is often used for scene relighting, light reflection analysis, and 3D shape measurement. LTM can be estimated by using $ell_1$ minimization because LTM is sparse matrix. Alternating Direction Method of Multipliers (ADMM) is a method which can be applied to $ell_1$ minimization problem. In this paper, we speed-up ADMM by applying of Sherman-Morrison-Woodbury (SMW) for ADMM.
キーワード (和) Light Transport Matrix / ADMM / SMW公式 / Sparse Estimation / / / /  
(英) Light Transport Matrix / ADMM / SMW formula / Sparse Estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 459, PRMU2018-131, pp. 95-98, 2019年2月.
資料番号 PRMU2018-131 
発行日 2019-02-21 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2019-02-28 - 2019-03-01 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ロボティクスとそれを支えるビジョン技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2019-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SMW公式を用いたADMM-L1最小化問題の高速解法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast ADMM-L1 minimization method by using SMW formula 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Light Transport Matrix / Light Transport Matrix  
キーワード(2)(和/英) ADMM / ADMM  
キーワード(3)(和/英) SMW公式 / SMW formula  
キーワード(4)(和/英) Sparse Estimation / Sparse Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 直也 / Naoya Chiba / チバ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今倉 暁 / Akira Imakura / イマクラ アキラ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba niv.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 浩一 / Koichi Hashimoto / ハシモト コウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2018-131,IEICE-CNR2018-54 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.459(PRMU), no.460(CNR) 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2019-02-21,IEICE-CNR-2019-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会