お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 13:40
概念モデル設計におけるモデル編集履歴とモデル自動評価ツールの効果の分析
一戸祐汰橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大KBSE2018-55
抄録 (和) 近年,データベースが管理するデータは多様かつ膨大になり,ERDなどのモデル表記法を適切に活用できるエンジニアの需要が高まっている.大学などの教育機関ではモデル表記法の演習を開講してエンジニアの育成に取り組んでおり,それを支援するためのツールが提案されている.これらのツールの多くは学習者の最終成果物を用いてフィードバックを作成しており,モデル設計時の編集過程を用いてフィードバックを作成するツールは少ない.そこで,著者らは概念モデル演習時に学習者を支援することを目的とし,モデル設計時の編集過程に対するフィードバックを学習者に提供する環境を構築した.本稿では,学習者のモデル設計時の特徴を分析する手法を提案し,その有効性を検証した結果について述べる.実験結果から,モデル設計時の編集過程に特徴があることを確認し,モデル全体を俯瞰して設計する設計手法はモデルを局所的に設計する設計手法よりもモデルの完成度が高い傾向があることを明らかにした. 
(英) Recent years, Engineers who can use a model notation method (e.g. Entity Relationship Diagram) is required because database have many data. Many universities actively run lectures of the model notation method for students. Tool were proposed for support it. These tool use students' final deliverable when create feedback. On the other hand, there are few tools use model editing process. In this research, we support students when students training of conceptual modeling. We create feedback based on model editing process. In this paper, we proposed analysis method of model editing process, and we validity it. We confirmed difference of model editing process and degree of similarity of model.
キーワード (和) 概念モデル / 類似度 / 自動評価 / ERD / UML / データベース設計 / /  
(英) Conceptual Modeling / Similarity / Automated Evaluation / ERD / UML / Data Base Design / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 463, KBSE2018-55, pp. 7-12, 2019年3月.
資料番号 KBSE2018-55 
発行日 2019-02-22 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2018-55

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2019-03-01 - 2019-03-02 
開催地(和) 同志社大学寒梅館 
開催地(英) Doshisha University Kambaikan 
テーマ(和) 一般,学生セッション(予定) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 概念モデル設計におけるモデル編集履歴とモデル自動評価ツールの効果の分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Learners' Model Editing Process and Effectiveness of Automatic Grading Tool in Conceptual Modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 概念モデル / Conceptual Modeling  
キーワード(2)(和/英) 類似度 / Similarity  
キーワード(3)(和/英) 自動評価 / Automated Evaluation  
キーワード(4)(和/英) ERD / ERD  
キーワード(5)(和/英) UML / UML  
キーワード(6)(和/英) データベース設計 / Data Base Design  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 一戸 祐汰 / Yuta Ichinohe / イチノヘ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋浦 弘明 / Hiroaki Hashiura / ハシウラ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 昂文 / Takafumi Tanaka / タナカ タカフミ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫨山 淳雄 / Atsuo Hazeyama / ハゼヤマ アツオ
第4著者 所属(和/英) 東京学芸大学 (略称: 学芸大)
Tokyo Gakugei University (略称: TGU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高瀬 浩史 / Hiroshi Takase / タカセ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2018-55 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2019-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会