お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 17:10
IoTデバイスに対するセキュアな遠隔管理機能の検討
白石将浩伊藤宏樹岡部恵一NTTVLD2018-136 HWS2018-99
抄録 (和) 本稿では,IoTデバイスのセキュア化に向けて,遠隔管理機能の付与について検討した結果を報告する.IoTサービスは多様な形態が存在するが,IoTサービスとして複数デバイスや複数のアプリケーションなどを複雑に連携していると,IoTデバイスに対するサイバーセキュリティの脅威に迅速に対応できない.そこで本稿で,複数のステークホルダがIoTデバイスを共通に管理し,また迅速にセキュリティパッチを提供するシステム構成を提案した.さらに,実際のシステムとしてセキュアな遠隔管理機能の要件を定め,実装することで遠隔管理機能の課題を抽出した. 
(英) This paper provides a feasibility study of secure remote management architecture for IoT-device. IoT services exist in various fields, however, business models of IoT services using multiple devices and multiple applications are difficult to respond quickly to cyber security threats to each IoT devices. In this paper, we propose an ideal system in which multiple stakeholders provide security patches quickly to IoT devices and define the requirements for secure remote management functions. Furthermore, by determining the requirements of the secure remote management function and implementing it as a commercial system, we suggest the challenges of the secure remote management.
キーワード (和) IoT / セキュリティ / 遠隔管理 / FOTA / / / /  
(英) IoT / Security / Remote Management / FOTA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 458, HWS2018-99, pp. 255-260, 2019年2月.
資料番号 HWS2018-99 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2018-136 HWS2018-99

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoTデバイスに対するセキュアな遠隔管理機能の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Extended of Secure Remote Management Architecture for IoT-device 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(3)(和/英) 遠隔管理 / Remote Management  
キーワード(4)(和/英) FOTA / FOTA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 将浩 / Masahiro Shiraishi / シライシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 宏樹 / Hiroki Ito / イトウ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 恵一 / Keiichi Okabe / オカベ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) NTTセキュアプラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Secure Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-VLD2018-136,IEICE-HWS2018-99 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.255-260 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会