電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-03-01 11:15
複数データフローグラフにまたがる動的スケジューリングを実現する分散制御回路の自動合成
太田小百合石浦菜岐佐関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では, 分散制御方式を適用した回路を CDFG (Control Dataflow Graph) から自動合成する手法を提案する. 複数の有限状態機械 (FSM) によって回路を制御する分散制御方式は, 演算の実行タイミングを動的に調整することにより, 不定サイクル演算器を含む回路の効率的な実行制御を可能にする. 清水, 中野は複数 DFG (Dataflow Graph) にまたがる分散制御手法を提案しているが, 回路はいずれも手設計によるものであった. 本稿では, 中野の実行制御方式によって回路が合成可能なように CDFG に制約を加えた上で, 制御部の FSM の遷移条件や生成信号の定式化を行う . また, 複数の DFG にまたがるデータ依存関係を扱うため, CDFG 中の DFG の可達解析に基づいて制御信号を生成する. 2 つの CDFG に複数のバインディングを用いて行なった実験では, 集中制御方式に比べて規模は平均約 13% 増加したが, 遅延は同程度の回路を合成することができた . 
(英) This article presents a method for synthesizing circuits with distributed control from CDFGs (control data flow graphs). The distributed control attempts to harness a datapath with multiple FSMs (finite state machines) to adjust execution timing of operations dynamically, by which wasteful waits caused by variable latency units are reduced. Although Shimizu and Nakano proposed a distributed control scheme which allowed dynamic scheduling across multiple DFGs, they just presented example controllers which were manually designed. This article shows a formulation to make the multiple FSMs work in ensemble based on Nakano’s scheme, along with some restrictions on CDFGs to allow automatic synthesis. Experimental results shows that the synthesized circuits are on average about 13% larger than those based on conventional centralized controllers, but the critical path delay stays the same.
キーワード (和) 高位合成 / 不定サイクル演算 / 制御合成 / 分散制御 / / / /  
(英) high-level synthesis / variable latency units / control synthesis / distributed controller / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 457, VLD2018-125, pp. 193-198, 2019年2月.
資料番号 VLD2018-125 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数データフローグラフにまたがる動的スケジューリングを実現する分散制御回路の自動合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis of Distributed Control Circuits for Dynamic Scheduling across Multiple Dataflow Graphs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高位合成 / high-level synthesis  
キーワード(2)(和/英) 不定サイクル演算 / variable latency units  
キーワード(3)(和/英) 制御合成 / control synthesis  
キーワード(4)(和/英) 分散制御 / distributed controller  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 小百合 / Sayuri Ota / オオタ サユリ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石浦 菜岐佐 / Nagisa Ishiura / イシウラ ナギサ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-03-01 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2018-125,IEICE-HWS2018-88 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.193-198 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会