電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-27 13:55
選択的な端子対接続による集合対間配線手法
赤木佳乃佐藤真平高橋篤司東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 集合対間配線問題に対し,最大配線長と配線長差の小さい配線パターンを効率よく生成する手法を提案する.提案手法は,まず,最大配線長と配線長差の小さい配線パターンの生成が期待される端子対の集合を目標端子対集合として設定し,次に,それらの接続をできる限り実現するように配線パターンを生成する.目標端子対集合としては,端子間の距離の最大値が最小かつ最小値が最大である端子対集合を選択する.配線は,必ずしもすべての目標端子対を接続するわけではないが,多くの目標端子対の接続実現を目指し,他の目標端子対の接続を妨げる可能性が高い領域を避けて生成される.実験では,既存手法と比較し,最大配線長と配線長差が同等な配線パターンを短い計算時間で生成することを確認した. 
(英) We propose a set-pair routing algorithm which efficiently generates a length matched routing pattern. In our algorithm, first, a target pin-pairs set which is a set of pin-pairs expected to generate a length matched routing pattern is selected. Then, a routing pattern is generated so as to connect the target pin-pairs as much as possible. As the target pin-pairs set, a set of pin-pairs whose maximum distance is minimum and the minimum distance is maximum is selected. Pin-pairs to be connected may be different from the target pin-pairs. However, every wire is generated so as not to interfere with other connections in order to realize the target pin-pair connections as much as possible. In experiments, it is confirmed that routing patterns which are comparable to routing patterns obtained by existing method are generated in short computation time by our algorithm.
キーワード (和) 集合対間配線問題 / 目標端子対 / 配線アルゴリズム / / / / /  
(英) Set-Pair Routing / Target Pin-Pair / Routing Algorithm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 457, VLD2018-99, pp. 37-42, 2019年2月.
資料番号 VLD2018-99 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選択的な端子対接続による集合対間配線手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Set-Pair Routing Algorithm with Selective Pin-Pair Connections 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集合対間配線問題 / Set-Pair Routing  
キーワード(2)(和/英) 目標端子対 / Target Pin-Pair  
キーワード(3)(和/英) 配線アルゴリズム / Routing Algorithm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤木 佳乃 / Kano Akagi / アカギ カノ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 真平 / Shimpei Sato / サトウ シンペイ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 篤司 / Atsushi Takahashi / タカハシ アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-27 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2018-99,IEICE-HWS2018-62 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会