お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-27 12:40
PDGのパターン・マッチングに基づく高位合成入力コードからの配線混雑検出
立岡真人金子峰雄北陸先端大VLD2018-96 HWS2018-59
抄録 (和) 高位合成ツールへの入力となるCプログラム作成時においては、一般に物理情報が不足しているため、配線混雑を考慮した高位合成入力モデルの作成は困難である。著者らは先行研究として、ソース・コンパイラを用いて高位合成(HLS)入力コード上で配線混雑部を検出する高位設計フローを提案している。本稿では、具体的な配線混雑検出の一手法として、HLSコード解析のためのプログラム依存グラフ(PDG)の拡張と、拡張PDG上のパターンマッチングに基づく手法を提案する。 
(英) When we use a high level synthesis (HLS) tool, the optimization of input code is necessary for obtaining an optimized RTL. In particular, routing congestion is difficult to resolve due to the lack of physical information in HLS phase. In our previous study, we proposed a high-level design flow that performs code optimization by detecting the congested part on the high-level synthesis input model using the source code compiler. In this report, we propose an extension of program dependence graph (PDG) for HLS code analysis and pattern matching on extended PDG as a method of detecting wire congestion.
キーワード (和) プログラム依存グラフ / パターンマッチング / LLVM / 高位合成 / / / /  
(英) program dependence graph / pattern matching / LLVM / high level synthesis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 457, VLD2018-96, pp. 19-24, 2019年2月.
資料番号 VLD2018-96 
発行日 2019-02-20 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2018-96 HWS2018-59

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2019-02-27 - 2019-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2019-02-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PDGのパターン・マッチングに基づく高位合成入力コードからの配線混雑検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pattern Matching Based Detection of Wire Congestion from Source Code Description for High Level Synthesis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラム依存グラフ / program dependence graph  
キーワード(2)(和/英) パターンマッチング / pattern matching  
キーワード(3)(和/英) LLVM / LLVM  
キーワード(4)(和/英) 高位合成 / high level synthesis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 立岡 真人 / Masato Tatsuoka / タツオカ マサト
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 峰雄 / Mineo Kaneko / カネコ ミネオ
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-27 12:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2018-96,IEICE-HWS2018-59 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.457(VLD), no.458(HWS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2019-02-20,IEICE-HWS-2019-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会