電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-22 14:30
アクティブ造影超音波法による模擬リンパ管の検出
齋藤勝也吉田憲司大村眞朗田村和輝山口 匡千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) リンパ管を可視化する手法として,アクティブ造影超音波法を提案している.提案法は,音響放射力により生じる超音波造影剤の移動をドプラ法で定量する手法である.これまでの検討では,音響放射力による造影剤の微視的な位置変動を定量可能であることを示し,その移動距離が理論計算値と概ね一致していることを確認している.提案法において,送受信ビームの分解能内には造影剤と周辺の生体組織などに由来するクラッタ成分が混在するため,造影剤の移動速度の誤推定につながる可能性が考えられる.そこで,生体組織の散乱特性を模擬した散乱体含有ファントムを用いてクラッタ信号を再現し,その内部に直径0.91 mmの円筒形チャンバを形成し,超音波造影剤(Sonazoid○R)の懸濁液を充填した.分解能内におけるファントムと造影剤存在部位の領域比を調整するため,200 μmの点拡がり関数(方位方向)を有する振動子を方位方向に20 μmずつ移動させ,各走査線において中心周波数14.4 MHz,パルス長0.47 mmの超音波の送受信を行った.実験ではチャンバ中心と音軸の距離が0.38 mm程度以上離れると造影剤の移動速度が低下し,この距離は実際のチャンバ半径よりも小さいことが確認された.また,深度方向においても同様の傾向が確認された.今回の結果は特にチャンバ上部と方位方向の境界付近の部分では造影剤移動速度が過小に評価される可能性を示唆している. 
(英) This report proposed a method for detecting lymph vessels, named contrast enhanced active Doppler ultrasonography(CEADUS), where the translation of ultrasound contrast agents(UCAs) due to the acoustic radiation force was quantified by Doppler method. Previous study showed that the trend in experimental data for the translation is explainable from the theory on bubble dynamics. In the CEADUS, the received echo contains clutter echoes due to surrounding biological tissues in addition to contrast echoes, resulting in possible negative effect e.g. misestimation of velocity. Therefore, we examined experiments using a tissue-mimicking phantom containing acoustic scatterer in which a cylindrical chamber with a 0.91 mm diameter was formed. The chamber was filled with a suspension of Sonazoid as UCAs. To control the ratio of phantom region and the region where UCAs existed in the spatial resolution, the transducer with a point spread function of 200 μm was scanned from the center at the step of 20 μm in the lateral direction, and the ultrasound with the center frequency of 14.4 MHz and pulse length of 0.47 mm was emitted at each scan line. The translational velocity of contrast agents decreased when the distant between the center of chamber and the sound axis of ultrasound beam is more than 0.38 mm. This value was smaller than the real radius of the chamber. In the depth direction, the same trend was confirmed. As a conclusion, the effect of clutter signal results in the underestimation of the translational velocity of UCAs.
キーワード (和) リンパ管 / 音響放射力 / 超音波造影剤 / 超音波ドプラ / クラッタ信号 / / /  
(英) Lymph vessel / Acoustic radiation force / Ultrasound contrast agent / Doppler method / Clutter signal / / /  
文献情報 信学技報, vol. 118, no. 452, US2018-114, pp. 33-37, 2019年2月.
資料番号 US2018-114 
発行日 2019-02-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-02-22 - 2019-02-22 
開催地(和) 桐蔭横浜大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アコースティックイメージング、非破壊検査、一般 (共催:日本非破壊検査協会超音波部門、日本音響学会アコースティックイメージング研究会、日本超音波医学会超音波分子診断治療研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アクティブ造影超音波法による模擬リンパ管の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of a vessel mimicking lymph channel by contrast enhanced active Doppler ultrasonography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リンパ管 / Lymph vessel  
キーワード(2)(和/英) 音響放射力 / Acoustic radiation force  
キーワード(3)(和/英) 超音波造影剤 / Ultrasound contrast agent  
キーワード(4)(和/英) 超音波ドプラ / Doppler method  
キーワード(5)(和/英) クラッタ信号 / Clutter signal  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 勝也 / Saito Katsuya / サイトウ カツヤ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 憲司 / Yoshida Kenji / ヨシダ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大村 眞朗 / Omura Masaaki / オオムラ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 和輝 / Tamura Kazuki / タムラ カズキ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 匡 / Yamaguchi Tadashi / ヤマグチ タダシ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-22 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2018-114 
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.33-37 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2019-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会