お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-20 13:00
ホログラフィックダイバーシティ干渉法の精度向上に向けた仮想シフト手法における基本動作の解析
山岸信博岡本 淳前田智弘北大)・野澤 仁アイシン精機)・小川和久富田章久北大
抄録 (和) 位相計測技術であるホログラフィックダイバーシティ干渉法は2つの撮像素子を用いる必要があり,それらに位置ずれがある場合,位相計測精度が低下する.その問題に対して,画像取得後に解析上で仮想的に位置ずれを補償する仮想シフト手法を用いると,撮像素子間の位置ずれに起因する計測誤差の低減が可能である.本稿では,数値解析により仮想シフト手法の動作原理を確認し,対象画像の相違が本手法の結果にどの程度影響を与えるかを確認したため,その結果を報告する. 
(英) Holographic diversity interferometry (HDI) enables single-shot phase measurement by using two image sensors. However, misalignment between image sensors decreases the phase measurement accuracy. Virtual shifting method, which virtually compensates the misalignment after capturing images, can reduce the influence of the misalignment to the measuring accuracy. In this paper, we confirmed the basic operation of virtual shifting method by a numerical simulation, and report how deference of captured images influences the measurement accuracy of HDI.
キーワード (和) 位相シフト干渉法 / デジタルホログラフィ / 画像処理 / / / / /  
(英) Phase-shifting interferometry / Digital holography / Image processing / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラフィックダイバーシティ干渉法の精度向上に向けた仮想シフト手法における基本動作の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis on Basic Operation of Virtual Shift Method for Accuracy Improvement of Holographic Diversity Interferometry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位相シフト干渉法 / Phase-shifting interferometry  
キーワード(2)(和/英) デジタルホログラフィ / Digital holography  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 信博 / Nobuhiro Yamagishi / ヤマギシ ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 淳 / Atsushi Okamoto / オカモト アツシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 智弘 / Tomohiro Maeda / マエダ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野澤 仁 / Jin Nozawa / ノザワ ジン
第4著者 所属(和/英) アイシン精機株式会社 (略称: アイシン精機)
Aisin Seiki Co., Ltd. (略称: Aisin Seiki)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 和久 / Kazuhisa Ogawa / オガワ カズヒサ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 章久 / Akihisa Tomita / トミタ アキヒサ
第6著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-20 13:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会