電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-20 11:40
車載ヘッドアップディスプレイの好ましい表示位置,表示サイズ,表示色,およびそれらの走行環境依存性
菊田勇人中村芳知龍 智明三菱電機)・窪田 悟エルゴデザイン研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車載HUDの速度表示とナビ表示を対象として,ドライバーにとって好ましい表示位置,表示サイズ,表示色,およびそれらの走行環境依存性について,ウィンドシールドHUDシミュレータを開発して実験的に検討した.実験参加者は運転免許を所持している学生25名であった.結果は,好ましい表示位置は,速度表示,ナビ表示ともに高速道路では中央から俯角約5°,市街地では7°~8°,市街地渋滞では8°~9°であった.好ましい表示サイズについては,走行環境依存は認められず,速度表示は視角サイズ約90分,ナビ表示は約60分であった.なお,運転経験が長い参加者ほど,表示位置を運転視界の中心から遠ざける有意な傾向が認められた.好ましい表示色は,高速道路のみで評価したが,速度表示は,高彩度緑,高輝度白,高彩度アンバーの評価が有意に高く,これらの3色の間では有意差は認められなかった.ナビ表示は,高彩度緑が他の色より有意に評価が高かった. 
(英) We experimentally investigated the preferred display location, character size, display color, and their road traffic dependence in the case of an automotive heads-up display (HUD). We used the windshield HUD simulator developed to evaluate the human machine interface of a HUD. Twenty-five students who possess a driver's license participated in the experiments. The results indicate that the preferred locations of speed and navigation indication were the depression angle of about 5° on highways, 7–8° on urban roads, and 8–9° on roads with traffic jam. Preferred character size was about 90 min arc for speed indication and about 60 min arc for navigation indication. The preferred character size did not depend on the road environment. Preferred colors for speed indication on highways were highly saturated green, highly saturated amber, and high-luminance white, and no significant difference was found among these three colors. Preferred color for navigation indication on highways was highly saturated green. It was significantly more preferred than the other colors.
キーワード (和) ヘッドアップディスプレイ / HUD / HMI / ユーザの受容性 / 走行環境依存性 / / /  
(英) Head-up display / HUD / HMI / User acceptance / Road traffic dependence / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-HI 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載ヘッドアップディスプレイの好ましい表示位置,表示サイズ,表示色,およびそれらの走行環境依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preferred display location, character size, display color, and their road traffic dependence for automotive head-up display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘッドアップディスプレイ / Head-up display  
キーワード(2)(和/英) HUD / HUD  
キーワード(3)(和/英) HMI / HMI  
キーワード(4)(和/英) ユーザの受容性 / User acceptance  
キーワード(5)(和/英) 走行環境依存性 / Road traffic dependence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊田 勇人 / Hayato Kikuta / キクタ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 芳知 / Yoshitomo Nakamura / ナカムラ ヨシトモ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 龍 智明 / Tomoaki Ryu / リュウ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Co.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 悟 / Satoru Kubota / クボタ サトル
第4著者 所属(和/英) エルゴデザイン研究所 (略称: エルゴデザイン研)
Ergo Design Laboratory (略称: EDL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-20 11:40:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-HI 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会