電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-02-20 16:00
[招待講演]スマートホームにおけるユーザ行動の学習に基づく異常検知手法 ~ ICCE2019報告 ~
山内雅明大下裕一村田正幸阪大)・上田健介加藤嘉明三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、家電のような機器までネットワークに接続されるようになり、それらの機器を対象とした不正操作のリスクが高まっている。しかし、このような機器の不正操作に用いられる通信は、既知の不正パケットとのパターンマッチング等の従来の攻撃検出手法での検知が困難である。
そこで本研究では、ホームネットワーク接続機器への不正操作を検出する新たな手法を考案した。この手法では、時刻やセンサ等で観測された温度等の環境ごとに、ユーザが機器操作を行う順を行動パターンとして学習する。そして、機器操作が行われた際には、学習されたその環境下での機器操作の順と照合し、不一致であれば不正操作と検出する。
本稿では、研究室内で収集した被験者の行動パターンをもとに、提案手法を評価し、検知精度および制約について考察した。 
(英) The operations of home IoT devices by attackers can cause serious problems.
However, such attacks are difficult to detect.
In this paper, we propose a method to detect such attacks based on user behavior.
We model user behavior as a sequence of events.
Our method learns sequences of events for each one of a predefined set of conditions and detects attacks by comparing the sequences of the events including the current operation with the learned sequences.
We evaluate our method by using data collected by monitoring the behavior of four users.
Based on the results of this evaluation, we demonstrate the accuracy of our method and discuss the limitations of our method.
キーワード (和) 異常検知 / IoT / セキュリティ / スマートホーム / 行動パターン / 不正操作攻撃 / /  
(英) Anomaly Detection / IoT / Security / Smart Home / Behavior Pattern / Operation by Attackers / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-MMS ITE-HI ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2019-02-19 - 2019-02-20 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-ME 
会議コード 2019-02-ME-IE-ITS-MMS-HI-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スマートホームにおけるユーザ行動の学習に基づく異常検知手法 
サブタイトル(和) ICCE2019報告 
タイトル(英) Anomaly Detection for Smart Home Based on User Behavior 
サブタイトル(英) ICCE2019 Report 
キーワード(1)(和/英) 異常検知 / Anomaly Detection  
キーワード(2)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(4)(和/英) スマートホーム / Smart Home  
キーワード(5)(和/英) 行動パターン / Behavior Pattern  
キーワード(6)(和/英) 不正操作攻撃 / Operation by Attackers  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 雅明 / Masaaki Yamauchi / ヤマウチ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 裕一 / Yuichi Ohsita / オオシタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 健介 / Kensuke Ueda / ウエダ ケンスケ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 嘉明 / Yoshiaki Kato / カトウ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-02-20 16:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-ME 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-118 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会